フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)

“初めての共同作業”の成果 2015.10.13 試乗記 「フィアット500」ゆずりのスタイリングが特徴の新型コンパクトSUV「フィアット500X」が、いよいよ日本に導入された。フィアットとクライスラーのジョイントベンチャーが送り出した“最初のクルマ”の出来栄えはいかなるものか。FFの上級グレードを借り出し、その実力を試した。

出典はあのクルマ、競合するのはこのクルマ

昨2014年に開催された、2年に一度のパリのモーターショー、通称“パリサロン”と呼ばれる場を晴れの舞台に選んだフィアット発のブランニューモデル、500Xが、デビューからちょうど丸1年の時を経ていよいよ日本へ上陸した。

フィアットブランドとしては、“コンパクトSUV”と呼ばれるカテゴリーへの初参入となるこの5ドアハッチバックは、全長は4.2m台半ばにして全幅は1.8mまであと5mmという寸法。全高が1.6mをオーバーするので、「残念ながらNG!」というパレット式立体駐車場も現れそうだが、5.5mという最小回転半径を勘案しても、何とか「身の丈サイズのSUV」というフレーズで、日本の環境下でも紹介をできる一台ではありそうだ。

正式呼称として“チンクエチェントエックス”とルビが振られるこの500Xでまず筆頭に挙げられるセールスポイントは、“例のモデル”をモチーフとしたそのエクステリアのデザイン。車名にヒントを求めるまでもなく明らかなその出典とは、言うまでもなく1957年に発売された往年のフィアット500。

すなわちこれは、初のコンパクトSUVであると同時に、2007年に登場した“復刻版500”の兄貴分として位置づけられたモデル。そんな一連のバリエーション展開を見るに、BMW MINIファミリー同様の「ちょっとプレミアムなモデル群」を意識していることは明らかだ。

2014年10月のパリモーターショーで発表された「フィアット500X」。成長を続けるコンパクトSUV市場にFCAが投入したニューモデルである。
2014年10月のパリモーターショーで発表された「フィアット500X」。成長を続けるコンパクトSUV市場にFCAが投入したニューモデルである。
「500X」のインテリア。FF車の2グレードには、ボディーカラーと同色のインストゥルメントパネルが装備される。
「500X」のインテリア。FF車の2グレードには、ボディーカラーと同色のインストゥルメントパネルが装備される。
トランスミッションはFF車には6段デュアルクラッチ式AT(写真)が、4WD車にはトルコン式9段ATが採用される。
トランスミッションはFF車には6段デュアルクラッチ式AT(写真)が、4WD車にはトルコン式9段ATが採用される。
テールゲートを飾る「500X」のロゴ。
テールゲートを飾る「500X」のロゴ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500Xの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。