東京モーターショー2015

三菱はEVのコンセプトモデル eX Conceptを出展【東京モーターショー2015】

2015.10.10 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】三菱はEVのコンセプトモデル「eX Concept」を出展

三菱自動車は2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、コンセプトモデル「三菱eX Concept」を世界初公開すると発表した。

eX Conceptは、三菱の次世代EVシステムを採用した、コンパクトSUVのコンセプトモデル。
同社ならではの電動化技術や四輪制御技術、コネクテッドカー技術と予防安全技術を組み合わせた自動運転技術などが、見どころとなっている。

エクステリアについては、コンパクトSUVにシューティングブレークやクーペが持つデザイン要素を融合。キビキビと街を疾走するスポーツクロスオーバースタイルを提案するという。
デザインコンセプト「ダイナミックシールド」をベースとするフロントまわりをはじめ、内外装の全てで、これからの三菱のデザインの方向性が示される。

このほか、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の展示エリアには、PHEVシステムおよびツインモーター4WDの技術を紹介するシャシーモデルや、駆動用バッテリーから住宅などへの給電を説明するジオラマを用意し、電動車両の特徴をアピールする。
アウトランダーPHEVのクロスカントリーラリー参戦車や、三菱の電気自動車研究開発50年の取り組みを紹介するパネルなども展示される。

(webCG)

「三菱eX Concept」
「三菱eX Concept」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。