ザ・ビートル仕様変更 新たなボディーカラーも

2015.10.10 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」仕様変更 新たなボディーカラーも

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月9日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

今回、新たなボディーカラーが2色追加された。ブルーシルクメタリックが「ザ・ビートル デザイン」「ザ・ビートル ターボ」「ザ・ビートル カブリオレ」の3モデルで、ムーンロックシルバーメタリックが「ザ・ビートル デザイン」で選べるようになった。

また、App-Connect対応の純正インフォテインメントシステム「Composition Media」が、クーペ全車に標準で与えられた。

さらにザ・ビートル デザインには、オプションの「レザーシートパッケージ」が新設定された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ザ・ビートル ベース:234万円
・ザ・ビートル デザイン:264万円
・ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ:343万9000円
・ザ・ビートル ターボ:339万円
・ザ・ビートル カブリオレ:395万8000円

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ザ・ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
ホームへ戻る