BMW M4クーペに2種類の限定車が登場

2015.10.10 自動車ニュース
「BMW M4クーペ M Performance Edition」
「BMW M4クーペ M Performance Edition」

「BMW M4クーペ」に2種類の限定車が登場

BMWジャパンは2015年10月9日、7段DCT仕様の「M4クーペ」をベースとした特別仕様車「M Performance Edition(Mパフォーマンス・エディション)」と「Individual Edition(インディビデュアル・エディション)」を発売した。

ブラックキドニーグリル
ブラックキドニーグリル
カーボンリアディフューザー
カーボンリアディフューザー
スポーツステアリングホイールII
スポーツステアリングホイールII

■モータースポーツのイメージを取り入れた限定モデル

M Performance Editionは、エクステリアを中心にBMW M社が開発したパーツを装着することで、よりアグレッシブな外観デザインとするとともに、エアロダイナミクスを向上させた特別仕様車である。インテリアに関しても、アルカンターラのスポーツステアリングを装備するなど、モータースポーツを身近に感じさせる仕様となっている。

特別装備は以下の通り。
・カーボンフロントスプリッター
・カーボンリアディフューザー
・カーボンリアトランクスポイラー
・カーボンミラーカバー
・サイドスカート
・ブラックキドニーグリル
・サイドグリル・ハイグロスブラック
・スポーツステアリングホイールII
・ステンレススチールペダルセット
・カーボンファイバートリム
・ブラッククロームハイライト
・Mライトアロイホイール・ダブルスポーク437Mブラック

ボディーカラーは「アルピン・ホワイトIII」と「ミネラル・ホワイト」の2色。価格は1206万9000円で、17台が限定販売される。

「M4クーペ Individual Edition」
「M4クーペ Individual Edition」
「Individual Edition」のインストゥルメントパネルまわり。
「Individual Edition」のインストゥルメントパネルまわり。
「Individual Edition」のセンターコンソールまわり。
「Individual Edition」のセンターコンソールまわり。

■BMW M社のオーダーメイド部門が内装を担当

Individual Editionは、インテリアの仕立てをBMW Individualが手がけた特別仕様車であり、通常のM4クーペとは異なる、ラグジュアリーな世界観を表現したモデルとされている。

特別装備は以下の通り。
・BMW Individualメリノレザー・オパールホワイト
・BMW Individualレザーフィニッシュ・ダッシュボード
・BMW Individualピアノフィニッシュブラック/パールグロスクロームハイライト
・harman/kardonサラウンドサウンドシステム
・アダプティブMサスペンション
・Mライトアロイホイール・ダブルスポーク437Mブラック

ボディーカラーは「ミネラル・ホワイト」。価格は1259万7000円で、販売台数は10台限定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M4クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る