BMW M4クーペに2種類の限定車が登場

2015.10.10 自動車ニュース
「BMW M4クーペ M Performance Edition」
「BMW M4クーペ M Performance Edition」

「BMW M4クーペ」に2種類の限定車が登場

BMWジャパンは2015年10月9日、7段DCT仕様の「M4クーペ」をベースとした特別仕様車「M Performance Edition(Mパフォーマンス・エディション)」と「Individual Edition(インディビデュアル・エディション)」を発売した。

ブラックキドニーグリル
ブラックキドニーグリル
カーボンリアディフューザー
カーボンリアディフューザー
スポーツステアリングホイールII
スポーツステアリングホイールII

■モータースポーツのイメージを取り入れた限定モデル

M Performance Editionは、エクステリアを中心にBMW M社が開発したパーツを装着することで、よりアグレッシブな外観デザインとするとともに、エアロダイナミクスを向上させた特別仕様車である。インテリアに関しても、アルカンターラのスポーツステアリングを装備するなど、モータースポーツを身近に感じさせる仕様となっている。

特別装備は以下の通り。
・カーボンフロントスプリッター
・カーボンリアディフューザー
・カーボンリアトランクスポイラー
・カーボンミラーカバー
・サイドスカート
・ブラックキドニーグリル
・サイドグリル・ハイグロスブラック
・スポーツステアリングホイールII
・ステンレススチールペダルセット
・カーボンファイバートリム
・ブラッククロームハイライト
・Mライトアロイホイール・ダブルスポーク437Mブラック

ボディーカラーは「アルピン・ホワイトIII」と「ミネラル・ホワイト」の2色。価格は1206万9000円で、17台が限定販売される。

「M4クーペ Individual Edition」
「M4クーペ Individual Edition」
「Individual Edition」のインストゥルメントパネルまわり。
「Individual Edition」のインストゥルメントパネルまわり。
「Individual Edition」のセンターコンソールまわり。
「Individual Edition」のセンターコンソールまわり。

■BMW M社のオーダーメイド部門が内装を担当

Individual Editionは、インテリアの仕立てをBMW Individualが手がけた特別仕様車であり、通常のM4クーペとは異なる、ラグジュアリーな世界観を表現したモデルとされている。

特別装備は以下の通り。
・BMW Individualメリノレザー・オパールホワイト
・BMW Individualレザーフィニッシュ・ダッシュボード
・BMW Individualピアノフィニッシュブラック/パールグロスクロームハイライト
・harman/kardonサラウンドサウンドシステム
・アダプティブMサスペンション
・Mライトアロイホイール・ダブルスポーク437Mブラック

ボディーカラーは「ミネラル・ホワイト」。価格は1259万7000円で、販売台数は10台限定となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る