ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)

見た目以上、の道具感あり 2015.10.15 試乗記 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」に試乗。ジープブランドの末弟の“道具”としての実力をじっくり探った。

ジープ、には見える

正直、この手は苦手です。いえいえ、あえて武骨さを押し出した全体形にはかなり惹(ひ)かれます。四角いボディーにジープ特有のグリルをつけただけ、と言っては失礼かもしれませんが、それこそ現行「チェロキー」よりずっと明快。流行に流されず、本来の機能性を忘れていませんという主張は分かりやすく伝わります。ジープはこれでいいのである。

しかしながら、ジープ初のコンパクトSUVを唱(とな)える「レネゲード」には、フックというかネタというか、エピソードが多すぎる。ここを見て、ここを取り上げて、こっちも話題にして、とあからさまな話題満載、何だか“キャラ”作りに一生懸命な今時のアイドルみたいで、ちょっと痛々しいほどだ。そういうお前が痛い、と言われれば返す言葉もないわけですが、何しろジープはわれわれオヤジ世代が男の子だった頃、スポーツカーとはまた反対の極に位置する夢の車だった。ジープや「ランクル」は、道なき道を、砂漠を、ジャングルを踏み越えて未知の大陸を目指す探検隊や冒険家の象徴であり、校庭や近所の空き地の先には進めなかった少年たちの憧れだったのである。そんな昔の話なんて今時どうでもいいじゃん、細かいことに目くじら立てんなよ、と別の自分がささやく声も聞こえるんですよ。ウザいオヤジだと思われたくもありません。けれど、キュートだとかかわいいとかだけで済ませては、いわゆるリスペクトに欠ける気がするのでやはり言うべきは言わせていただきます。

もっとも、ジープ一族の末っ子のようなレネゲードは、フィアット版と兄弟車となる“ベイビージープ”としてずいぶん前からうわさが流れていた現代のSUVである。もちろんそれは9月末に日本でも発売された「500X」のこと。昨年初頭にフィアットと経営統合したクライスラー改めFCAにとって、互いの資産を有効活用したシナジーの第1弾。基本プラットフォームも実際の生産もイタリア側の担当ゆえ、昔ながらの“ジープ”風味を期待できないことは百も承知と考えていたら、意外や走らせてみると、なかなかしっかり質実剛健な手応えだった。四角いだけの単なるおしゃれSUVではなかったのである。

試乗車は2.4リッター直4自然吸気エンジン搭載の4WDモデル「トレイルホーク」。車両価格は340万2000円。
インパネまわりはなかなかの出来栄え。ジェリカンをモチーフにした「X」マークや“7スロットグリル”アイコンなどが室内のそこかしにちりばめられている。
175psを生み出す2.4リッター直4“タイガーシャーク”マルチエアエンジン(レギュラーガソリン仕様)。ZFの9段トルコンATが組み合わされる。
「X」マークはテールランプにも。
ボディーのスリーサイズは4260×1805×1725mm。兄弟車の「フィアット500X」(4WDの「クロスプラス」)と比べると全高が100mm高い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レネゲードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る