第317回:フォルクスワーゲン問題の本質~自動車産業が背負った3つの構造問題

2015.10.14 エッセイ
自動車産業には「1000万台の壁」というジンクスがある。かつてGMとトヨタがこの壁にぶつかった。そして今回、フォルクスワーゲンがとんでもない挫折を味わうことになった。
自動車産業には「1000万台の壁」というジンクスがある。かつてGMとトヨタがこの壁にぶつかった。そして今回、フォルクスワーゲンがとんでもない挫折を味わうことになった。

米国に端を発した、独フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼルエンジンの排ガス不正問題。そもそも彼らが不正に手を染めた本質的な理由とは何だったのか。そしてVW、ひいては自動車産業が背負うことになった課題とは何なのか。自動車アナリストの中西孝樹氏が分析する。

フォルクスワーゲンの新たな最高経営責任者(CEO)に就任したマティアス・ミュラー氏。
フォルクスワーゲンの新たな最高経営責任者(CEO)に就任したマティアス・ミュラー氏。

1000万台の壁というジンクス

自動車産業には1000万台で壁に突き当たるというジンクスがある。2000年初頭、企業買収で膨張戦略を取ってきたGMが1000万台を目前につまずいた。2010年には、そのGMを追い抜き世界一となった直後、トヨタが品質問題で大きなしくじりを演じた。そして、2014年に1000万台に到達し、2015年上半期でトヨタを追い抜き世界一となった瞬間に、VWがディーゼル不正でとんでもない挫折を味わうことになった。

各社に共通することは、無理を重ね規模を追い、その規模の中に管理できないリスクをはらませてしまったことだ。規模は、一転弱点となり、大規模ゆえの巨大な対策費を被ることになる。

ただ、過去に大きな問題を起こしたGMやトヨタが復活できたように、VWの再生は可能と考える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ