第316回:自動運転の時代はすぐそこに!
――トヨタの最先端運転支援システム体験記

2015.10.13 エッセイ
会場に展示された、自動運転の実験車両。
会場に展示された、自動運転の実験車両。

通信型の運転支援システムITS Connectが搭載された市販車や、自動運転の実験車両に一般道で試乗。トヨタが急ピッチで開発を進める、運転支援システムの“いま”をリポートする。

トヨタの自動運転の考え方を示す「Mobility Teammate Concept」のロゴマーク。システムが人に寄り添い、常時バックアップしている図案が添えられる。
トヨタの自動運転の考え方を示す「Mobility Teammate Concept」のロゴマーク。システムが人に寄り添い、常時バックアップしている図案が添えられる。
自動運転技術について説明する、トヨタ自動車の葛巻清吾CSTO補佐。「自動運転は、トヨタだけでは成し得ない。今後は社会的な“みんなのルール”を決める必要があります」。
自動運転技術について説明する、トヨタ自動車の葛巻清吾CSTO補佐。「自動運転は、トヨタだけでは成し得ない。今後は社会的な“みんなのルール”を決める必要があります」。
自動運転走行のイメージ図。レーザーレーダーとミリ波レーダー、さらに単眼カメラを駆使して、周囲の状況を判断する。
自動運転走行のイメージ図。レーザーレーダーとミリ波レーダー、さらに単眼カメラを駆使して、周囲の状況を判断する。
「Toyota Safety Sense C」および「Toyota Safety Sense P」の作動イメージ。トヨタはこれらの運転支援システムを、2017年末までに、ほぼ全てのトヨタブランドの乗用車に設定する予定だという。
「Toyota Safety Sense C」および「Toyota Safety Sense P」の作動イメージ。トヨタはこれらの運転支援システムを、2017年末までに、ほぼ全てのトヨタブランドの乗用車に設定する予定だという。
こちらは、「ITS Connect」の働きを示すスライド。道路に設置されたインフラ設備との通信を介して、自車両が直接確認できない対向車の存在などを把握し、衝突事故を未然に防ぐシステムだ。
こちらは、「ITS Connect」の働きを示すスライド。道路に設置されたインフラ設備との通信を介して、自車両が直接確認できない対向車の存在などを把握し、衝突事故を未然に防ぐシステムだ。

あと15年で、クルマは自動運転に!?

今年の夏は大作映画のリブートブームで、『ターミネーター』も久しぶりに復活した。1984年の第1作に出演してスターになったアーノルド・シュワルツェネッガーが、67歳で再び殺人アンドロイドの「T-800」を演じている。人工知能(AI)のスカイネットが開発した人類抹殺マシンで、学習能力を持つ高性能コンピューターを搭載する。

第1作の時は絵空事でしかなかったが、今やAIは実現可能な課題だ。映画では2017年に人類が危機に陥ることになっていたが、そこまで早くなくても2045年にターニングポイントが訪れるという説が、まことしやかに流布されている。ありがたいことに、今のところAIは人類の味方である。最も身近なのはクルマに搭載されるシステムだ。アクセル、ブレーキ、ステアリングホイールは人間が操作するものだという常識はすでに崩れつつある。行く手にあるのは、完全自動運転だ。

運転の自動化をすすめるには、クルマ自体の高度化とともにインフラを充実させる必要がある。このほどトヨタが開催した安全技術説明会では、その両方の最新技術に触れることができた。新型「クラウン」に初搭載された通信型運転支援システムの「ITS Connect」と、開発中の自動運転実験車である。後者は、オリンピックが開催される2020年の実用化が想定されている。

ITSはIntelligent Transport Systemsの略で、高度道路交通システムのことだ。関係省庁や自動車関連企業が連携して開発を進めており、交通事故を減少させることを目指す。2014年の交通事故による死亡者数は約4100人だったが、政府は2018年に2500人まで減らすことを目標にしている。

スバルの「アイサイト」がヒットしたことがきっかけとなり、運転支援システムの普及が進んだ。軽自動車にも自動ブレーキが必須となりつつある。トヨタ車では、4月にマイナーチェンジされた「カローラ」から「Toyota Safety Sense C」が採用された。「プリクラッシュセーフティ(PCS)」「レーンディパーチャーアラート(LDA)」「オートマチックハイビーム(AHB)」をセットにしたもので、8月からは「歩行者PCS」と「レーダークルーズコントロール」を加えた「Toyota Safety Sense P」も設定されている。

自律型の予防安全技術は確実にドライバーの負担を減らしたが、事故減少のためにはそれだけでは十分とはいえない。クルマに搭載されたセンサーにも限界はあって、見えない場所のクルマや人は感知できないからだ。ITS Connectはクルマに通信装置を装備し、車車間・路車間通信を使って協調型の安全システムを構築する。ITS専用周波数として与えられるのは760MHzで、かつてアナログテレビ放送で使われていたプラチナバンドだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ