ゴルフヴァリアントに日本導入20周年記念車

2015.10.13 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Anniversary Edition」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Anniversary Edition」

「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」に日本導入20周年記念モデル登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月13日、ステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を設定し、700台限定で販売を開始した。

「Discover Pro」
「Discover Pro」
レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール
レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール

今回の特別仕様車は、「ゴルフヴァリアント」シリーズの日本輸入開始20周年を記念した限定モデルである。

特徴は充実した装備にあり、フロントシートヒーターやバイキセノンヘッドライト、純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」、レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイールを標準で採用。ボディーカラーは、ゴルフヴァリアントとしては今回が初設定となる同車専用色の「ライムストーングレーメタリック」に、「ディープブラックパールエフェクト」「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」(有償オプション)を加えた全3色を用意している。

価格は324万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る