VWゴルフとポロの40周年記念モデル、限定発売

2015.10.13 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフ 40th Edition」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ 40th Edition」

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ポロ」の40周年記念モデルを限定発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月13日、特別仕様車の「ゴルフ 40th Edition」および「ポロ 40th Edition」を発表し、それぞれ2000台限定で発売した。

「ゴルフ 40th Edition」のバイキセノンヘッドライト。
「ゴルフ 40th Edition」のバイキセノンヘッドライト。
「ポロ 40th Edition」
「ポロ 40th Edition」
「ポロ 40th Edition」の15インチアルミホイール。
「ポロ 40th Edition」の15インチアルミホイール。

ゴルフ 40th Editionは、ゴルフの日本導入40周年を記念する限定車。以下の専用装備が与えられる。

・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
・ETC2.0対応車載器
・カミングホーム&リビングホーム
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能付き)
・オートライトシステム
・ヘッドライトウォッシャー
・レインセンサー
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー

ボディーカラーは、パシフィックブルーメタリック、トルネードレッドメタリック、タングステンシルバー、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクトの全5色で、価格は276万円。

一方のポロ 40th Editionは、ポロの生産開始40周年を記念する限定車で、以下の装備がセリングポイントとなる。

・フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム「714SDCW」
・リアビューカメラ「Rear Assist」
・185/60R15タイヤ
・10スポークの15インチアルミホイール

ボディーカラーは、サンセットレッドメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、トフィーブラウンメタリックの4色がラインナップされる。
価格は236万3000円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」の新型を発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも用いられる横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用。より洗練されたエクステリアデザインや最新のコネクティビティーも手に入れた、その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る