第19回:ラウンドアバウト――環状交差点の“今”を見に行く(その2)
ラウンドアバウトと認知症の父親

2015.10.15 エッセイ

円形交差点と環状交差点

社会実験として運用されてきたラウンドアバウト(=環状交差点)が、道交法の一部改正によって“これまでとは決定的に異なる通行方法をとる交差点”として正式に位置づけられたのは2014年9月1日のことだった。

円形の交差点でありながら「円形交差点」とは言わず「環状交差点」とか「ラウンドアバウト」と呼ぶラウンドアバウト。円形交差点は全国に140カ所ほどあるのだけれど、そのうちの42カ所(2015年3月現在=警察庁資料)がラウンドアバウトに指定されている。

このややっこしい名称の違いは何?
つまり、
つまり?

いわゆる交差点(優先道路と路地が交差するような交差点のことではないという意味)では、そこが円形であろうと十字路であろうと、交差点である以上、進入するには直前で一時停止するとか、信号機によって交通整理されていたりとかするものだ。
けれど、ラウンドアバウトではそうじゃない。

ラウンドアバウトには信号機がない。一時停止によって進行が中断されることもない。交差点をぐるっと回っているのが環道で、そこを走っている車両が優先。この交差点に差しかかった車両は、環道を走っている車両の通行を邪魔しないように流入する。そこはもちろん一方通行で、時計まわり、というのがラウンドアバウトの通行方法なのである(警察庁のポスター参照)。

とにかく、交差点への進入時でも基本的には「止まらない」という、それまでとは決定的に異なる通行方法。いくつかの地域、場所で社会実験として運用されてきたわけだけれど、今後、これを本格運用していくとなると道交法を一部改正(注)しないといけないとなって、それが施行されたのが2014年の9月1日だった。

あれから1年。
改正法施行から1年がたったラウンドアバウトの現状を見てみたい、と思った。
どうせ見学するなら、信号機付き交差点だった場所をラウンドアバウトに改修した全国で最初の地点、長野県飯田市の東和町のそれがいい、と思った。

ラウンドアバウトの運用開始と、通行方法を告知したポスター。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。