トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)

実力を試すことすら難しい 2015.10.16 試乗記 内外装の変更を含む、大幅なマイナーチェンジを受けた「トヨタ・ランドクルーザー」。今日も世界中で活躍を続ける“陸の王者”の、実力の片鱗(へんりん)に触れた。

砂漠の国のステータスシンボル

首都はドーハ、というサッカーファンであればおなじみの国、カタール。今から4年半ほど前、なぜかそんな場所で行われた某車の国際試乗会へと出掛けた折、初めて訪れた中東の街で目を引いたのは、急発展を遂げたいかにも未来都市風の高層ビル群の中を走る、どれもがよく磨き上げられたランドクルーザーたちだった。

資源に恵まれたカタールは、オイルマネーが生み出した多くの富裕層が暮らす国。となれば、当然ながら街中では、欧州プレミアムブランドのクルマたちを見掛ける頻度も高い。が、それは乗用車系に限ってのことで、感覚的には街行くクルマの半分ほどを占めるSUV系は、その7割がたがランクル。残りは「日産サファリ」が2割ほどで、あとは「ポルシェ・カイエン」の姿がちらほらいる程度。きっと数多く走っているだろうと想像したレンジローバーやランドローバー、さらにはメルセデスやBMWのモデルなどは、「むしろ東京で目にする方が多いのでは!?」と、そんな状況だったのだ。
この数年でそんな欧州勢も多少シェアを増してはいるかもしれない。けれども、きっとランクルの王者の座に揺るぎはないだろう。

かくもランクルが支持される理由が、「圧倒的に高い信頼性ゆえ」と教えてくれたのは、試乗会の自由時間中に体験をした、砂丘を疾走する“サファリドライブ”のドライバー氏だった。自身でも先代モデルの「100系」ランクルを操る彼いわく、この地では「壊れにくく、修理も楽なランドクルーザーこそが、最高のステータスシンボル!」と語ってくれたのだ。

1951年に登場した「トヨタ・ジープBJ型」以来の歴史を誇る「トヨタ・ランドクルーザー」。「200系」と呼ばれる現行型は2007年9月に登場した。
1951年に登場した「トヨタ・ジープBJ型」以来の歴史を誇る「トヨタ・ランドクルーザー」。「200系」と呼ばれる現行型は2007年9月に登場した。
現行型「ランドクルーザー」のインテリア。4ゾーン独立温度調整機能付きフルオートエアコンや、シートヒーター、ステアリングヒーターなど、装備は充実している。
現行型「ランドクルーザー」のインテリア。4ゾーン独立温度調整機能付きフルオートエアコンや、シートヒーター、ステアリングヒーターなど、装備は充実している。
フロントグリルのデザインも大幅に変更されており、上下にメッキを施した、3本のバーが配されている。
フロントグリルのデザインも大幅に変更されており、上下にメッキを施した、3本のバーが配されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る