VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデル

2015.10.14 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフMilano Edition」
「フォルクスワーゲン・ゴルフMilano Edition」 拡大

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に上質なツートーン内装の限定モデル

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月14日、「ゴルフ」に特別仕様車「Milano Edition(ミラノエディション)」を設定し、500台限定で販売を開始した。

■ファッションの都、ミラノの名を冠する限定モデル

今回設定されたゴルフ ミラノエディションは、同車専用に仕立てられたシックでエレガントなインテリアを特徴とする特別仕様車である。

ベースとなったのはカタログモデルの上級グレード「TSIハイライン」で、シート表皮には前後席ともにナッパレザーとアルカンターラを採用。ステアリングホイールやシフトノブにもレザーを用いており、そのいずれにもステッチを施している。また、内装色も同車専用のコーディネートとなっており、フロアカーペットやルーフ、ピラーライニングがブラックであるのに対し、左右のドアトリムとシート表皮には、「ヴォルケーノブラウン」という明るめの茶色を用いている。

一方、エクステリアにおいても、同車専用デザインとなる7ダブルスポークの7J×7インチアルミホイールを装備するほか、左右リアドアとリアゲートのガラスにダークティンテッドガラスを採用。ボディーカラーは「ディープブラックパールエフェクト」と「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」の2色で、販売台数はそれぞれ250台となっている。

以上を含む特別装備は以下の通り。
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)
・ダイナミックコーナリングライト
・ヘッドライトウオッシャー
・ダークティンテッドガラス(左右リアドアガラス+リアハッチゲートガラス、UVカット機能付き)
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」(SSDナビゲーションシステム、FM-VICS内蔵、DVD/CDプレイヤー、MP3/WMA再生、AM/FMラジオ、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、MirrorLink)
・ETC2.0対応車載器
・シートヒーター(運転席/助手席)
・ウッドデコラティブパネル(ダッシュボード、サイドドア)
・アルカンターラ&ナッパレザーシート
・Milano Edition専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き、カラードステッチ)
・Milano Edition専用レザーシフトノブ(カラードステッチ)
・Milano Edition専用ドアシルプレート
・225/45R17タイヤ+7Jx17アルミホイール(7ダブルスポーク)

価格は354万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る