VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデル

2015.10.14 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフMilano Edition」
「フォルクスワーゲン・ゴルフMilano Edition」

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に上質なツートーン内装の限定モデル

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月14日、「ゴルフ」に特別仕様車「Milano Edition(ミラノエディション)」を設定し、500台限定で販売を開始した。

 
VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデルの画像
 
VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデルの画像
 
VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデルの画像
 
VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデルの画像
 
VWゴルフに上質なツートン内装の限定モデルの画像

■ファッションの都、ミラノの名を冠する限定モデル

今回設定されたゴルフ ミラノエディションは、同車専用に仕立てられたシックでエレガントなインテリアを特徴とする特別仕様車である。

ベースとなったのはカタログモデルの上級グレード「TSIハイライン」で、シート表皮には前後席ともにナッパレザーとアルカンターラを採用。ステアリングホイールやシフトノブにもレザーを用いており、そのいずれにもステッチを施している。また、内装色も同車専用のコーディネートとなっており、フロアカーペットやルーフ、ピラーライニングがブラックであるのに対し、左右のドアトリムとシート表皮には、「ヴォルケーノブラウン」という明るめの茶色を用いている。

一方、エクステリアにおいても、同車専用デザインとなる7ダブルスポークの7J×7インチアルミホイールを装備するほか、左右リアドアとリアゲートのガラスにダークティンテッドガラスを採用。ボディーカラーは「ディープブラックパールエフェクト」と「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」の2色で、販売台数はそれぞれ250台となっている。

以上を含む特別装備は以下の通り。
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)
・ダイナミックコーナリングライト
・ヘッドライトウオッシャー
・ダークティンテッドガラス(左右リアドアガラス+リアハッチゲートガラス、UVカット機能付き)
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」(SSDナビゲーションシステム、FM-VICS内蔵、DVD/CDプレイヤー、MP3/WMA再生、AM/FMラジオ、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、MirrorLink)
・ETC2.0対応車載器
・シートヒーター(運転席/助手席)
・ウッドデコラティブパネル(ダッシュボード、サイドドア)
・アルカンターラ&ナッパレザーシート
・Milano Edition専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き、カラードステッチ)
・Milano Edition専用レザーシフトノブ(カラードステッチ)
・Milano Edition専用ドアシルプレート
・225/45R17タイヤ+7Jx17アルミホイール(7ダブルスポーク)

価格は354万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る