「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載

2015.10.14 自動車ニュース

BMW、「i8」に次世代ライト技術「BMWレーザー・ライト」を搭載

BMWジャパンは2015年10月14日、「i8」に「BMWレーザー・ライト」を新たにオプション設定すると発表した。

「BMWレーザー・ライト」は、通常のLEDヘッドライトの約2倍にあたる、600メートルの照射距離を実現した次世代のライト技術である。車速が約70km/hを超えると、LEDハイビーム・ヘッドライトに加えて自動的に点灯する。

メカニズムとしては、レーザー・ダイオードが発する光をヘッドライト内で蛍光体を使って白色光に変換するというもので、自然光に近く、目にやさしい白色光を放射するという。

価格は85万円で、オプション装着車の納車は2016年1月からを予定している。

(webCG)

「BMW i8」
「BMW i8」
 
「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載の画像
 
「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載の画像
 
「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る