「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載

2015.10.14 自動車ニュース

BMW、「i8」に次世代ライト技術「BMWレーザー・ライト」を搭載

BMWジャパンは2015年10月14日、「i8」に「BMWレーザー・ライト」を新たにオプション設定すると発表した。

「BMWレーザー・ライト」は、通常のLEDヘッドライトの約2倍にあたる、600メートルの照射距離を実現した次世代のライト技術である。車速が約70km/hを超えると、LEDハイビーム・ヘッドライトに加えて自動的に点灯する。

メカニズムとしては、レーザー・ダイオードが発する光をヘッドライト内で蛍光体を使って白色光に変換するというもので、自然光に近く、目にやさしい白色光を放射するという。

価格は85万円で、オプション装着車の納車は2016年1月からを予定している。

(webCG)

「BMW i8」
「BMW i8」
 
「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載の画像
 
「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載の画像
 
「BMW i8」に次世代ライト技術を搭載の画像

関連キーワード:
i8BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • 【トミカNo.17】BMW i8(初回特別仕様) 2017.8.23 トミカ大写真展 プラグインハイブリッドのスポーツカーとして、2013年にデビューした「BMW i8」。空力性能を突き詰めたデザインと、前輪をモーターで、後輪をエンジンで駆動する独自のパワープラントにより、「ポルシェ911」に比肩する動力性能と高い環境性能を両立している。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る