第420回:イタリア人の運転が上手なのは地元だけ?
略語標識を読み取れ!

2015.10.16 エッセイ

道路も鉄道も略語の海!

東京でサラリーマン時代に名古屋に出張したときのことである。今でも覚えている標識は、ずばり「名駅」だ。かつて人々の間で「名古屋駅周辺」を指すのに使われていた略称を、後年周辺街区の正式な地名として採用したのが「名駅」の経緯のようだ。
駅周辺のことを指すことは、よそから来たボクでもおぼろげにわかった。だが、地元の方々に「めいえき」「めいえき」と連発されると、何か仲間内の隠語のように聞こえてきて、気弱なボクなどは「よその子扱い」された感を受けざるを得ないのであった。
 
 実はイタリアの道路をクルマで走っていても、同様の気持ちに苛(さいな)まれることがある。
まずは【写真1】の中にある、右の標識をご覧いただきたい。
「ROSIGNANO M.」と記されている。実際はRosignano Marittimo(ロジニャーノ・マリッティモ)が正式な地名なのだが、標識には書ききれないので、後半をM.と略してしまったのである。 
【写真3】に写っている標識は、もっと難解だ。「S.G.C. FI-PI-LI」と、きたもんだ。S.G.C.は、Strada di Grande Comunicazione(都市間連絡道路)を示す。FI-PI-LIは、道路が結ぶ地名Firenze-Pisa-Livorno(フィレンツェ・ピサ・リヴォルノ)の頭文字である。

クルマだけではない。鉄道でも頻繁に略称が使われる。【写真4】は、イタリア国鉄最速の特急「フレッチャロッサ」(赤い矢)の車内に据え付けられた停車駅などを示すディスプレイである。「Fi S.M.N」は、Firenze Santa Maria Novella(フィレンツェ・サンタマリア・ノヴェッラ)駅を示す。

【写真1】花の都フィレンツェとティレニア海を結ぶアウトストラーダA11号線で。Rosignano M.とは、Rosignano Marittimo(ロジニャーノ・マリッティモ)のことだが、地元の人や地域の地理に詳しい人以外は、想像しにくい。
【写真1】花の都フィレンツェとティレニア海を結ぶアウトストラーダA11号線で。Rosignano M.とは、Rosignano Marittimo(ロジニャーノ・マリッティモ)のことだが、地元の人や地域の地理に詳しい人以外は、想像しにくい。
【写真2】スーペルストラーダ(一般自動車道)フィレンツェ・ピサ・リヴォルノ線。
【写真2】スーペルストラーダ(一般自動車道)フィレンツェ・ピサ・リヴォルノ線。
【写真3】スーペルストラーダ フィレンツェ・ピサ・リヴォルノ線に乗るには、S.G.C. FI-PI-LIが何を意味するかを認識しなくてはならない。
【写真3】スーペルストラーダ フィレンツェ・ピサ・リヴォルノ線に乗るには、S.G.C. FI-PI-LIが何を意味するかを認識しなくてはならない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。