トヨタ・クラウン アスリートS-T(FR/8AT)/クラウン アスリートG-T(FR/8AT)

世界に向けて日本が変わる 2015.10.19 試乗記 デビューからおよそ3年がたち、マイナーチェンジが施された、トヨタの高級セダン「クラウン」。新たに追加された2リッターターボモデルの試乗を通じて、今回リファインされたポイントを確かめた。

見どころは安全技術と新エンジン

東京都内で行われる試乗会は、ベイエリアのお台場か有明が会場に選ばれることが多い。都心部に比べれば交通量が少なく、撮影ポイントもあるからだ。マイナーチェンジされたトヨタ・クラウンの試乗会が有明で開かれたのには、ほかにも理由があった。新たに搭載された機能が、ここでしか試せないのだ。

通常の試乗に加え、今回は安全技術説明会と体験同乗試乗が行われた。世界初の運転支援システムである「ITS Connect」が、クラウンに搭載されている。ITSとは高度道路交通システムのことで、路車間通信と車車間通信により安全でスムーズな交通環境を整えることが目的だ。路車間通信では道路上のセンサーと通信機が必要で、試乗会の時点ではまだ全国で23カ所の交差点にしか設置されていなかった。東京では、錦糸町近辺に4カ所あるほかは、有明に近い青海1丁目交差点だけなのである。

安全技術に関しては別の記事で詳しく紹介することにして、ここではそれ以外の変更点について触れる。大きなトピックは、新しいエンジンの追加だ。2012年に14代目が登場した時は、パワーユニットは2.5リッターと3.5リッターのV6エンジン、2.5リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの3種だった。今回加わったのは、2リッター直4直噴ターボエンジンである。昨年「レクサスNX」に採用され、トヨタ初のダウンサイジングターボとして話題になったものだ。

トヨタは環境対策としてハイブリッド路線を推し進めてきたが、ヨーロッパではディーゼルとダウンサイジングターボが主流となっている。さまざまなニーズに応えるには、ターボを無視するわけにはいかない。

2015年10月にマイナーチェンジされた、14代目「トヨタ・クラウン」。今回は、そのうちの「アスリート」シリーズに追加設定された、ターボエンジン搭載モデルに試乗した。
2015年10月にマイナーチェンジされた、14代目「トヨタ・クラウン」。今回は、そのうちの「アスリート」シリーズに追加設定された、ターボエンジン搭載モデルに試乗した。
最新の運転支援システム「ITS Connect」のイメージ図。道路に設置された設備との“路車間通信”を介して、ドライバーは自ら確認できない対向車の存在などを把握できるようになる。
最新の運転支援システム「ITS Connect」のイメージ図。道路に設置された設備との“路車間通信”を介して、ドライバーは自ら確認できない対向車の存在などを把握できるようになる。
2リッター直4直噴ターボ「8AR-FTS」エンジン。「クラウン」のガソリンエンジン車の中では最も優れる13.4km/リッター(JC08モード)の燃費を記録する。
2リッター直4直噴ターボ「8AR-FTS」エンジン。「クラウン」のガソリンエンジン車の中では最も優れる13.4km/リッター(JC08モード)の燃費を記録する。
2リッターターボモデル「クラウン アスリートS-T」のインテリア。
2リッターターボモデル「クラウン アスリートS-T」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る