カングーに“ローズマリー色”の限定モデル登場

2015.10.16 自動車ニュース

専用色「ブルー アンサンシエ」の「ルノー・カングー クルール」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。


	専用色「ブルー アンサンシエ」の「ルノー・カングー クルール」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。

「ルノー・カングー」に“ローズマリー色”の限定モデル登場

ルノー・ジャポンは2015年10月15日、「カングー」に特別仕様車「クルール」を設定し、販売を開始した。

専用色「ヴェール ロマラン」の「カングー クルール」。リアまわりではブラックのバンパーも今回の特別仕様車の特徴。
専用色「ヴェール ロマラン」の「カングー クルール」。リアまわりではブラックのバンパーも今回の特別仕様車の特徴。
シルバーとブラックのツートン仕様のフロントバンパー。
シルバーとブラックのツートン仕様のフロントバンパー。
可倒式の助手席やピクニックテーブルなどの装備も備わっている。
可倒式の助手席やピクニックテーブルなどの装備も備わっている。
販売台数は両カラー合わせて160台の限定となる。
販売台数は両カラー合わせて160台の限定となる。

■第5弾となる今回のテーマは「フランスが香る色」

カングー クルールは、通常のカタログモデルには設定のない日本オリジナルのボディーカラーを特徴とする特別仕様車であり、車名の「クルール(Couleur)」とは、フランス語で「色」を意味する。これまでにも4度にわたって同じ車名とコンセプトの特別仕様車が販売されており、設定された色は計14色にのぼるという。

2年8カ月ぶりに登場した今回の第5弾では、「フランスが香る色」をテーマとして、欧州では薬草や香料として用いられ、日本でもハーブティーの材料として親しまれるローズマリーをイメージした2色のボディーカラーを採用。「ブルー アンサンシエ」はローズマリーの青い花を、「ヴェール ロマラン」は若葉の緑をモチーフとした色となっている。なお、ボディーカラーに用いられている「アンサンシエ(Ensencier)」とはプロヴァンス語、「ロマラン(Romarin)」とはフランス語で、それぞれローズマリーを示す言葉となっている。

今回の特別仕様車には以下の装備が採用されている。
・専用シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席
・カーテンエアバッグ

販売台数は、ブルー アンサンシエが60台、ヴェール ロマランが100台。「MT比率が36%」というカングーユーザーの傾向に配慮し、前者の20台、後者の30台は6段MT仕様となっている。

価格は全仕様共通で241万5000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る