フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)

アルヴェル乗りのみなさまへ 2015.10.16 試乗記 大規模な改良を受けた「フォード・エクスプローラー」に試乗。フロントグリルの存在感が強まった最新型は、こんな人にお薦めだ。

2.3リッター化でさらに力強く

エクスプローラーの日本における競合車として、「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の名があがって、少し驚いたと同時に、妙に納得させられた。実際、アルヴェルからの乗り換え需要は少なくないという。

新しいエクスプローラーは“大幅改良”と銘打つだけに、明らかに変わったフロント意匠だけでなく、静粛性やシャシー、装備類も入念にアップデートされている。ただ、オフローダー然とした鷹揚(おうよう)な乗り味が、まったく変わっていないのはうれしい。今回の取材日のような青空下だと、ただただ「いい天気だなあ」とゆっくり走りたくなる類いのクルマだ。

モノコック車体構造と横置きエンジン、そして四輪独立サスペンション……というエクスプローラーのパッケージも、乗用車化の一途をたどる最新SUVのトレンドに沿ってはいる。しかし、シートは相変わらず周囲を見下げるほど高く、少なくとも今回の2.3リッターターボ「XLTエコブースト」では、山道でスポーツカーを追いかけたい……なんて、無謀な衝動に駆られることもない。SUVをSUVらしく“寸止め”するセンスは、さすが見識あふれるフォード作品である。

エクスプローラーでモノコック構造の利点を直球で感じられるのが、サードシートである。3列シートのSUVは少なくない。しかし、トヨタの「ランクル」系や「キャデラック・エスカレード」などの独立フレーム車のそれは、どれもヒザを抱え込むような着座姿勢だし、昨今のクロスオーバー系のそれは、たいがい成人男性が常用できる広さをもたない。

その点、エクスプローラーのサードシートは成人男性にも必要十分な居住空間をもち、着座姿勢も健康的だ。乗降性では本格的なミニバンにはかなわないものの、シートにおさまってしまえば、長距離ドライブも苦ではない。

2.3リッター化されたエコブーストは2トン超の車重も軽々と走らせて、上り坂や加減速で、わずかなためらいも見せなくなった。2.3リッターなら日本の税制でもお得感があるから、総合的に素直に“改良”と捉えていい。

「次に買うクルマがない」とお嘆きのアルヴェル乗りのみなさま、エクスプローラーはいかがですか? XLTエコブーストなら、価格も税金も装備も、そして運転席からの見晴らしも、アルヴェル2.5リッター(の上級グレード)とほぼ同等。それでいて、乗り味や不整路での安心感、そしてデザインなどに、新しい発見とうれしさがあること請け合い。賢い人たちはもう気づいていますよ。

(文=佐野弘宗/写真=小河原認)

【スペック】
全長×全幅×全高=5050×2000×1820mm/ホイールベース=2860mm/車重=2040kg/駆動方式=FF/エンジン=2.3リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(261ps/5500rpm、42.8kgm/3000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=8.6km/リッター(JC08モード)/価格=489万円

エクステリアデザインは「ラギット」(力強さ)をテーマに改良された。リアではテールランプの形状が変更された。
エクステリアデザインは「ラギット」(力強さ)をテーマに改良された。リアではテールランプの形状が変更された。
261psと42.8kgmを発生する新しい2.3リッターエコブーストエンジン。従来の2リッターユニット(243ps、37.3kgm)と比較して、燃費は約5%改善されている。
261psと42.8kgmを発生する新しい2.3リッターエコブーストエンジン。従来の2リッターユニット(243ps、37.3kgm)と比較して、燃費は約5%改善されている。
インテリアでは、センターパネルのオーディオ/エアコンの操作系が、従来のタッチ式からオーソドックスなプッシュボタンに変更された。ハンドル位置は左のみ。
インテリアでは、センターパネルのオーディオ/エアコンの操作系が、従来のタッチ式からオーソドックスなプッシュボタンに変更された。ハンドル位置は左のみ。
ステアリングホイールには新たにシフトパドルが採用された。これに伴い従来の“サムシフト”(シフトセレクターに設けられた変速用スイッチ)は廃止された。
ステアリングホイールには新たにシフトパドルが採用された。これに伴い従来の“サムシフト”(シフトセレクターに設けられた変速用スイッチ)は廃止された。
サードシートは成人男性にも必要十分な居住空間をもつ。着座姿勢も健康的だ。
サードシートは成人男性にも必要十分な居住空間をもつ。着座姿勢も健康的だ。
2.3リッターエコブーストエンジンは箱根の山坂道で2トン超のボディーを軽々と走らせる。
2.3リッターエコブーストエンジンは箱根の山坂道で2トン超のボディーを軽々と走らせる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る