フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)

アルヴェル乗りのみなさまへ 2015.10.16 試乗記 大規模な改良を受けた「フォード・エクスプローラー」に試乗。フロントグリルの存在感が強まった最新型は、こんな人にお薦めだ。

2.3リッター化でさらに力強く

エクスプローラーの日本における競合車として、「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の名があがって、少し驚いたと同時に、妙に納得させられた。実際、アルヴェルからの乗り換え需要は少なくないという。

新しいエクスプローラーは“大幅改良”と銘打つだけに、明らかに変わったフロント意匠だけでなく、静粛性やシャシー、装備類も入念にアップデートされている。ただ、オフローダー然とした鷹揚(おうよう)な乗り味が、まったく変わっていないのはうれしい。今回の取材日のような青空下だと、ただただ「いい天気だなあ」とゆっくり走りたくなる類いのクルマだ。

モノコック車体構造と横置きエンジン、そして四輪独立サスペンション……というエクスプローラーのパッケージも、乗用車化の一途をたどる最新SUVのトレンドに沿ってはいる。しかし、シートは相変わらず周囲を見下げるほど高く、少なくとも今回の2.3リッターターボ「XLTエコブースト」では、山道でスポーツカーを追いかけたい……なんて、無謀な衝動に駆られることもない。SUVをSUVらしく“寸止め”するセンスは、さすが見識あふれるフォード作品である。

エクスプローラーでモノコック構造の利点を直球で感じられるのが、サードシートである。3列シートのSUVは少なくない。しかし、トヨタの「ランクル」系や「キャデラック・エスカレード」などの独立フレーム車のそれは、どれもヒザを抱え込むような着座姿勢だし、昨今のクロスオーバー系のそれは、たいがい成人男性が常用できる広さをもたない。

その点、エクスプローラーのサードシートは成人男性にも必要十分な居住空間をもち、着座姿勢も健康的だ。乗降性では本格的なミニバンにはかなわないものの、シートにおさまってしまえば、長距離ドライブも苦ではない。

2.3リッター化されたエコブーストは2トン超の車重も軽々と走らせて、上り坂や加減速で、わずかなためらいも見せなくなった。2.3リッターなら日本の税制でもお得感があるから、総合的に素直に“改良”と捉えていい。

「次に買うクルマがない」とお嘆きのアルヴェル乗りのみなさま、エクスプローラーはいかがですか? XLTエコブーストなら、価格も税金も装備も、そして運転席からの見晴らしも、アルヴェル2.5リッター(の上級グレード)とほぼ同等。それでいて、乗り味や不整路での安心感、そしてデザインなどに、新しい発見とうれしさがあること請け合い。賢い人たちはもう気づいていますよ。

(文=佐野弘宗/写真=小河原認)

【スペック】
全長×全幅×全高=5050×2000×1820mm/ホイールベース=2860mm/車重=2040kg/駆動方式=FF/エンジン=2.3リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(261ps/5500rpm、42.8kgm/3000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=8.6km/リッター(JC08モード)/価格=489万円

エクステリアデザインは「ラギット」(力強さ)をテーマに改良された。リアではテールランプの形状が変更された。
エクステリアデザインは「ラギット」(力強さ)をテーマに改良された。リアではテールランプの形状が変更された。
261psと42.8kgmを発生する新しい2.3リッターエコブーストエンジン。従来の2リッターユニット(243ps、37.3kgm)と比較して、燃費は約5%改善されている。
261psと42.8kgmを発生する新しい2.3リッターエコブーストエンジン。従来の2リッターユニット(243ps、37.3kgm)と比較して、燃費は約5%改善されている。
インテリアでは、センターパネルのオーディオ/エアコンの操作系が、従来のタッチ式からオーソドックスなプッシュボタンに変更された。ハンドル位置は左のみ。
インテリアでは、センターパネルのオーディオ/エアコンの操作系が、従来のタッチ式からオーソドックスなプッシュボタンに変更された。ハンドル位置は左のみ。
ステアリングホイールには新たにシフトパドルが採用された。これに伴い従来の“サムシフト”(シフトセレクターに設けられた変速用スイッチ)は廃止された。
ステアリングホイールには新たにシフトパドルが採用された。これに伴い従来の“サムシフト”(シフトセレクターに設けられた変速用スイッチ)は廃止された。
サードシートは成人男性にも必要十分な居住空間をもつ。着座姿勢も健康的だ。
サードシートは成人男性にも必要十分な居住空間をもつ。着座姿勢も健康的だ。
2.3リッターエコブーストエンジンは箱根の山坂道で2トン超のボディーを軽々と走らせる。
2.3リッターエコブーストエンジンは箱根の山坂道で2トン超のボディーを軽々と走らせる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る