【スペック】全長×全幅×全高=3980×1695×1490mm/ホイールベース=2510mm/車重=1035kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)/価格=189万円(テスト車=236万2500円)

トヨタ・ヴィッツRS G's(FF/5MT)【試乗記】

乗るほどにジンワリと 2011.11.22 試乗記 トヨタ・ヴィッツRS G's(FF/5MT)
……236万2500円

スポーツコンバージョンシリーズ「G SPORTS(G's)」の第2弾となる「ヴィッツRS G's」。5MTモデルを駆って、その実力を確かめた。

ハンサムからノッペリへ

「今日はこのクルマで宮城まで行ってもらいますから」と『webCG』編集部のTさん。目の前にうずくまっているクルマは「トヨタ・ヴィッツRS G's」。ヴィッツのスポーティーグレード「RS」を、「GAZOO Racing」がチューンしたコンバージョンモデルである。「CONTROL AS YOU LIKE 〜 意のままに操る喜びを」と、どこかで聞いたようなフレーズが、G'sヴィッツのカタログには躍る。

今回のスペシャルなヴィッツは、専用サスペンションのため車高が約10mm落ち、その分、タイヤとホイールアーチの隙間が詰まってなかなかアグレッシブだ。ボディー側面下部の、赤と黒のストライプが勇ましい。「TOYOTA G SPORTS」と、説明付きの「G's」ロゴステッカーがほほ笑ましい。リアにまわると、ディフューザー調の専用大型バンパーが目をひく。センターにはF1っぽく(!?)ブレーキランプが装備され、マフラーエンドをシルバーの円筒が飾る。

2010年の末にフルモデルチェンジを果たし、すっかりハンサムになった3代目ヴィッツ。そのチューンドモデル、G'sの顔はというと……アララ、なんだかノッペリしている。ノーズから、見慣れたトヨタの楕円マークが外されている。丸みを帯びてツルツルした先端を見ながら、「オイオイ、鼻をドコに置いてきたんだい?」と、こっちはすっかりゴーゴリの気分である。シルクハットをかぶったトヨタマークがスタコラサッサと逃げて行く後ろから、G'sヴィッツがビューンと追いかけていく……とくだらない想像をしたところで、「意外とハナシのネタになるんじゃないですか」とTさんの声。それでは、と言ってそのまま運転席に乗り込んだので、まずは後席チェックからスタートである。

205/45R17サイズのブリヂストン・ポテンザRE050タイヤを装着する。10本スポークの専用ホイールには、標準品の他にレッドライン仕様(写真)がある。
205/45R17サイズのブリヂストン・ポテンザRE050タイヤを装着する。10本スポークの専用ホイールには、標準品の他にレッドライン仕様(写真)がある。
ボディー下端のG'sストライプは1万7850円(1台分)のオプション。ストライプは赤と銀、ロゴは黒と銀から選択できる。
ボディー下端のG'sストライプは1万7850円(1台分)のオプション。ストライプは赤と銀、ロゴは黒と銀から選択できる。
テスト車は5段MT仕様。CVT仕様も選べる。
テスト車は5段MT仕様。CVT仕様も選べる。
車体後部からフロア下をのぞく。ディフューザー調の大型リアバンパーとマフラーエンドはヴィッツG'sの専用品。赤いスプリングが装着されるサスペンションは専用チューンが施される。
車体後部からフロア下をのぞく。ディフューザー調の大型リアバンパーとマフラーエンドはヴィッツG'sの専用品。赤いスプリングが装着されるサスペンションは専用チューンが施される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る