創立100周年を迎えたZF(前編)

モータースポーツを支えるZFのテクノロジー 2015.10.23 特集 ドライブラインとシャシーテクノロジーのメガサプライヤー、ZFフリードリヒスハーフェンAGは2015年、創業100周年を迎えた。同社の歩みを振り返る特集、前編のテーマはモータースポーツ。エンジンからの出力を「伝達」し「遮断」する、クラッチの奥深き世界に的を絞ってみる。

ドライブラインとシャシーのメガサプライヤー

大小数万点のパーツで構成される自動車だが、世の中には、自動車メーカーと同じくらい名の知れた、誰でもその名を知るパーツメーカーがいくつか存在する。ドイツのZFもその中の一社だ。

ドイツ人のアルフレッド・ゾーデンは、ダイムラー社の副工場長として働いた後、マン社を経てツェッペリン社で働き始めた。同社を立ち上げたツェッペリン伯爵が実用化した飛行船に魅せられたからだ。1915年、ツェッペリン飛行船用の歯車メーカーとして仲間と独立、ZFを立ち上げた。ZFとはドイツ語の「Zahnradfabrik(歯車工場)」の略だ。

それから100年、ZFは航空産業専門の歯車メーカーから自動車を中心としたモビリティー全般を担う企業へと発展した。「ZF」と聞くと、クルマ好きは欧州車に採用されるトランスミッションのブランドを想像するが、同社は企業買収に積極的で、自動車の足まわり部品のメーカーとして有名だったレムフォーダーやザックスなども、今ではZFの一員だ。2015年、アクティブおよびパッシブ・セーフティー・システム関連パーツを得意としてきたアメリカのTRWオートモーティブ社を買収し、安全関連や将来期待される自動運転関連の分野にも進出が期待される。

現在では、総売り上げ2兆5000億円超、従業員数約13万4000人を誇り、世界4カ国に7カ所の研究開発拠点、約40カ国に230カ所の製造拠点をもつドライブライン、シャシー分野の最先端サプライヤーに成長した。

今年100周年を迎えるZF。第44回東京モーターショー(一般公開日:2015年10月30日~11月8日)では「効率」「安全」「自動運転」をテーマに、自社製コンセプトカーである都市型モビリティー「Advanced Urban Vehicle」の展示を行う予定だ(ZF公式サイトの東京モーターショー特設ページへ)。そんな彼らの歩みを、まずはモータースポーツの分野から読み解いていきたい。

→ZFの製品ラインナップを見てみる。

→東京モーターショー特設ページはこちら。

→「後編/次なる100年に向けて動き出したZF」はこちら。

ドイツ・フリードリヒスハーフェンにあるZFの本社。
ショックアブソーバーメーカーのマンネスマン・ザックス社は2001年にZFグループに買収された。
ハイブリッド車用8段オートマチックトランスミッション「8P70H」。
ZFは2015年にTRWを買収し、新規事業部「アクティブ&パッシブ・セーフティー・テクノロジー」として統合した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。