創立100周年を迎えたZF(後編)

次なる100年に向けて動き出したZF 2015.10.30 特集 ドライブラインとシャシーテクノロジーのメガサプライヤー、ZFフリードリヒスハーフェンAGは2015年、創業100周年を迎えた。その歩みを振り返る特集の後編はモータースポーツと、同社の社会貢献活動について紹介する。次なる100年に向け、ZFはどのような一歩を踏み出そうとしているのだろうか。さまざまな角度から考えてみる。

「伝達」と「遮断」を担う

モータースポーツに限らず、クラッチはエンジンの動力を路面につなげるパーツとして常に進化を続けてきた。特にこの10年は素材の進化とともに電子制御の進化が著しく、ふたつの要素が互いを補い合うように進化することで、クラッチ全体の性能向上へとつながっている。

クラッチの根本的な性能とは何か。ZFレースエンジニアリング社のパワートレーン・テクノロジー・マネージャー、マイケル・イストチェンコ氏によれば、動力の伝達と遮断の両方が大事だが、遮断はスパッとオン/オフのように行われてもさほど問題はないものの、伝達は遅れなく、けれど段階的かつスムーズに行われないと運転しづらいし危険なため、どちらかというとより難しいのは伝達のほうだという。一方でクラッチには、動力を遮断することで駆動系を守るフェールセーフの役割もあるので、やはり伝達と遮断の両方が重要になってくる。

量産車においても、特にオートマチックトランスミッションやショックアブソーバーの分野で、ZF製品は多くのモデルに採用されている。1965年、同社初の乗用車用オートマチックトランスミッションである3HP12がBMWとプジョーに採用されて以来、多くのメーカーがZFのオートマチックトランスミッションを採用してきた。

最近では、欧米のプレミアムブランドを中心にエンジン縦置きモデルに広く採用されているオートマチックトランスミッションの8HPシリーズは、8段ATでありながら従来の6段ATに比べ、大きくも重くもなっていない画期的な製品で、量産車のATの多段化を一気に推し進め、燃費向上に貢献している。同様に、ランドローバーやFCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)のモデルに採用されたエンジン横置きモデル用の9HPシリーズも、今後広く採用されていくはずだ。

→ZFの製品ラインナップを見てみる。

→東京モーターショー特設ページはこちら。

→「前編/モータースポーツを支えるZFのテクノロジー」はこちら。

クラッチはここ10年で、素材と電子制御の分野が著しく進化した。
クラッチはここ10年で、素材と電子制御の分野が著しく進化した。
ZFレースエンジニアリング社のパワートレーン・テクノロジー・マネージャー、マイケル・イストチェンコ氏。
ZFレースエンジニアリング社のパワートレーン・テクノロジー・マネージャー、マイケル・イストチェンコ氏。
ZF初の乗用車用オートマチックトランスミッション、3HP12。
ZF初の乗用車用オートマチックトランスミッション、3HP12。
 
創立100周年を迎えたZF(後編)の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。