メルセデス・ベンツG500(4WD/7AT)/メルセデスAMG G63(4WD/7AT)

“Gストーリー”が新章へ 2015.10.21 試乗記 「メルセデス・ベンツGクラス」にもダウンサイジングの波。マイナーチェンジを受けてエンジンを5.5リッターV8自然吸気から4リッターV8ツインターボに換装した「G500」などに、ドイツ・フランクフルト郊外で試乗した。

排気量はダウン、出力はアップ

もう何度目になるのかわからないが、メルセデス・ベンツGクラスがマイナーチェンジした。何度目かは重要じゃない。プレスリリースの冒頭には「メルセデス・ベンツが誇るクラシックオフローダーの、35年以上におよぶサクセスストーリーの新章が始まった」と書いてある。登場は1979年。以来、ほとんど姿を変えず、中身だけが進化し続け、現在でも世界中で大人気。ずっと同じ車名のまま進化し続けてきたブランドは他にもあるが、同じ骨格が用いられ、ここまで見た目が変わらないクルマは、少なくとも乗用車にはない。はたして新章にはどのような内容が書かれているのか、ドイツ・フランクフルト郊外で試乗して確かめた。

とは書いたものの、自動車専門メディアなので細かい話をすると、Gクラスは一度モデルチェンジをしている。現行型はW463型。79年の登場時はW460型だった。W461型とW462型は軍用車なのでスルーするとして、民生版は89年にW460型からW463型へとモデルチェンジした。この際、パートタイム4WDからフルタイム4WDに変わり、いわゆるオーバーフェンダーが付き、インテリアがモダンになった。エンジンは時代に合わせて何度もアップデートされているが、型式が変わったのはこの一度のみ。

今回のマイナーチェンジの最大のポイントは新エンジン搭載だ。従来G500(日本仕様は「G550」だが中身は同じ)が搭載していたのは、5.5リッターV8自然吸気エンジンだが、これに代えて4リッターV8ツインターボエンジンが採用された。AMGが開発し、すでに「AMG GT」や「AMG C63」に搭載されているものと同じで、G500に最適化されて搭載される。

最高出力422ps/5250-5500rpm、最大トルク62.2kgm/2250-4750rpmというパワースペックは、従来型に比べ、35ps、8.2kgmの向上。欧州複合モードの燃費は従来の6.7km/リッターから8.1km/リッターに向上した。いわゆるダウンサイジングコンセプトの採用によって、パワー、燃費の両方が向上した。

試乗の舞台はドイツ・フランクフルト郊外。今回は「G500」(日本名は「G550」)と「AMG G63」のステアリングを握った。
試乗の舞台はドイツ・フランクフルト郊外。今回は「G500」(日本名は「G550」)と「AMG G63」のステアリングを握った。
「G500」の室内。従来型との違いは少なく、メーターのダイヤルデザインが変わった。
「G500」の室内。従来型との違いは少なく、メーターのダイヤルデザインが変わった。
「G500」のエンジンは5.5リッターV8自然吸気から4リッターV8ツインターボ(422ps、62.2kgm)へ。
「G500」のエンジンは5.5リッターV8自然吸気から4リッターV8ツインターボ(422ps、62.2kgm)へ。
「G500」のボディーサイズは4764×1867×1954mm(欧州仕様車の場合)。
「G500」のボディーサイズは4764×1867×1954mm(欧州仕様車の場合)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る