スバル・フォレスターS-Limited(4WD/CVT)/フォレスター2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)/フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)

走りも見た目も安全も 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」がマイナーチェンジ。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試した。

今日のスバルを支える稼ぎ頭

スバルの2リッター級“本格SUV”がフォレスターである。現行モデルは2012年秋に登場した4代目だ。

販売の最前線で一番競合しているクルマは? とスバルの人にあらためて聞くと、「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」を挙げ、四駆の販売比率がCX-5より高い8割に達するという点で「本命はエクストレイルでしょう」とのこと。軟弱な2WDモデルがないことがスバルSUVの矜持(きょうじ)である。

“スバリスト”のロイヤルティー(忠誠度)の高さを考えると、このクルマの最大のライバルは、同門の「インプレッサXV」ではないかと個人的には思うのだが、XVのうたい文句は「都市型SUV」である。

最近の販売台数を比べると、フォレスターが月平均約1800台、XVが約1500台。意外や本格SUVのほうがリードしている。アメリカに目を転じると、フォレスターは年間16万台も売れている。ちなみに日本国内のスバルの販売台数は、全モデル合わせても12万台(軽を除く)ほどなのだから、そうとうな稼ぎ手である。

そのわりに、日本じゃ影が薄い(?)フォレスターが、モデルチェンジからまる3年を迎えてフェイスリフトを受けた。機構的に大きな変更はなく、東京モーターショーを控えてのお色直しともいえそうだが、最新モデルの2グレードに触れてみた。

「2.0XT EyeSight」のインテリア。今回の改良ではダッシュボードの装飾やセンタークラスターの意匠などが変更された。
「2.0XT EyeSight」のインテリア。今回の改良ではダッシュボードの装飾やセンタークラスターの意匠などが変更された。
メーターは、速度計、エンジン回転計ともに、指針のスタート位置が水平となった。
メーターは、速度計、エンジン回転計ともに、指針のスタート位置が水平となった。
「2.0XT EyeSight」と「S-Limited」に設定される、オプションの本革シート。今回の改良では、運転席にメモリー機能付きパワーシートが装備された。
「2.0XT EyeSight」と「S-Limited」に設定される、オプションの本革シート。今回の改良では、運転席にメモリー機能付きパワーシートが装備された。
リアシートについては、「2.0i」を除く全車に2段階温度調整機能付きシートヒーターが採用される。
リアシートについては、「2.0i」を除く全車に2段階温度調整機能付きシートヒーターが採用される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る