最強のFRフェラーリ、F12tdf登場

2015.10.20 自動車ニュース
「フェラーリF12tdf」

最強のFRフェラーリ「F12tdf」登場

伊フェラーリは、2015年11月8日にムジェッロサーキットで開催される同社のレーシングイベント「フィナーリ・モンディアーリ」で、799台の限定モデル「F12tdf」を発表する。

 
 
 
 

■0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/h以上

F12tdfは、「F12ベルリネッタ」をベースに、エンジンの出力向上や空力性能の改善、シャシー性能の強化といった改良を施した高性能モデルである。車名のtdfとは、1950年から60年代にかけて開催された自動車の耐久ロードレース「ツール・ド・フランス」を意味している。

6.3リッターV12エンジンは、最高出力と最大トルクをベース車の740ps/8250rpmおよび70.4kgm/6000rpmから、780ps/8500rpmおよび71.9kgm/6750rpmに強化している。トランスミッションの「F1 DCT」は、ギア比を6%クロスレシオ化するとともに、変速にかかる時間をシフトアップで30%、シフトダウンでは40%短縮している。

一方、シャシーでは、フロントタイヤの幅を255から275に拡大することでグリップ力を高めるとともに、限界域でオーバーステアとなるのを防ぐため、新開発の後輪操舵(そうだ)機構「バーチャル・ショートホイールベース・システム」を採用している。

空力性能の改善も図っており、ベースモデル比でダウンフォースを87%向上させ、コーナリング速度を高めた。また、ボディーの各部にカーボン素材を用いるなどして、車両重量を110kg減の1415kgとしている。

これらの技術の採用により、F12tdfは0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.9秒、最高速340km/h以上という動力性能を実現。フェラーリ本社にあるフィオラーノのテストコースにおけるラップタイムは1分21秒と発表されている。

(webCG)
 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

F12ベルリネッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る