最強のFRフェラーリ、F12tdf登場

2015.10.20 自動車ニュース
「フェラーリF12tdf」
「フェラーリF12tdf」

最強のFRフェラーリ「F12tdf」登場

伊フェラーリは、2015年11月8日にムジェッロサーキットで開催される同社のレーシングイベント「フィナーリ・モンディアーリ」で、799台の限定モデル「F12tdf」を発表する。

 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像
 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像
 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像
 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像

■0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/h以上

F12tdfは、「F12ベルリネッタ」をベースに、エンジンの出力向上や空力性能の改善、シャシー性能の強化といった改良を施した高性能モデルである。車名のtdfとは、1950年から60年代にかけて開催された自動車の耐久ロードレース「ツール・ド・フランス」を意味している。

6.3リッターV12エンジンは、最高出力と最大トルクをベース車の740ps/8250rpmおよび70.4kgm/6000rpmから、780ps/8500rpmおよび71.9kgm/6750rpmに強化している。トランスミッションの「F1 DCT」は、ギア比を6%クロスレシオ化するとともに、変速にかかる時間をシフトアップで30%、シフトダウンでは40%短縮している。

一方、シャシーでは、フロントタイヤの幅を255から275に拡大することでグリップ力を高めるとともに、限界域でオーバーステアとなるのを防ぐため、新開発の後輪操舵(そうだ)機構「バーチャル・ショートホイールベース・システム」を採用している。

空力性能の改善も図っており、ベースモデル比でダウンフォースを87%向上させ、コーナリング速度を高めた。また、ボディーの各部にカーボン素材を用いるなどして、車両重量を110kg減の1415kgとしている。

これらの技術の採用により、F12tdfは0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.9秒、最高速340km/h以上という動力性能を実現。フェラーリ本社にあるフィオラーノのテストコースにおけるラップタイムは1分21秒と発表されている。

(webCG)
 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

F12ベルリネッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
ホームへ戻る