最強のFRフェラーリ、F12tdf登場

2015.10.20 自動車ニュース
「フェラーリF12tdf」
「フェラーリF12tdf」 拡大

最強のFRフェラーリ「F12tdf」登場

伊フェラーリは、2015年11月8日にムジェッロサーキットで開催される同社のレーシングイベント「フィナーリ・モンディアーリ」で、799台の限定モデル「F12tdf」を発表する。

■0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/h以上

F12tdfは、「F12ベルリネッタ」をベースに、エンジンの出力向上や空力性能の改善、シャシー性能の強化といった改良を施した高性能モデルである。車名のtdfとは、1950年から60年代にかけて開催された自動車の耐久ロードレース「ツール・ド・フランス」を意味している。

6.3リッターV12エンジンは、最高出力と最大トルクをベース車の740ps/8250rpmおよび70.4kgm/6000rpmから、780ps/8500rpmおよび71.9kgm/6750rpmに強化している。トランスミッションの「F1 DCT」は、ギア比を6%クロスレシオ化するとともに、変速にかかる時間をシフトアップで30%、シフトダウンでは40%短縮している。

一方、シャシーでは、フロントタイヤの幅を255から275に拡大することでグリップ力を高めるとともに、限界域でオーバーステアとなるのを防ぐため、新開発の後輪操舵(そうだ)機構「バーチャル・ショートホイールベース・システム」を採用している。

空力性能の改善も図っており、ベースモデル比でダウンフォースを87%向上させ、コーナリング速度を高めた。また、ボディーの各部にカーボン素材を用いるなどして、車両重量を110kg減の1415kgとしている。

これらの技術の採用により、F12tdfは0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.9秒、最高速340km/h以上という動力性能を実現。フェラーリ本社にあるフィオラーノのテストコースにおけるラップタイムは1分21秒と発表されている。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
F12ベルリネッタフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る