最強のFRフェラーリ、F12tdf登場

2015.10.20 自動車ニュース
「フェラーリF12tdf」
「フェラーリF12tdf」

最強のFRフェラーリ「F12tdf」登場

伊フェラーリは、2015年11月8日にムジェッロサーキットで開催される同社のレーシングイベント「フィナーリ・モンディアーリ」で、799台の限定モデル「F12tdf」を発表する。

 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像
 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像
 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像
 
最強のFRフェラーリ、F12tdf登場の画像

■0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/h以上

F12tdfは、「F12ベルリネッタ」をベースに、エンジンの出力向上や空力性能の改善、シャシー性能の強化といった改良を施した高性能モデルである。車名のtdfとは、1950年から60年代にかけて開催された自動車の耐久ロードレース「ツール・ド・フランス」を意味している。

6.3リッターV12エンジンは、最高出力と最大トルクをベース車の740ps/8250rpmおよび70.4kgm/6000rpmから、780ps/8500rpmおよび71.9kgm/6750rpmに強化している。トランスミッションの「F1 DCT」は、ギア比を6%クロスレシオ化するとともに、変速にかかる時間をシフトアップで30%、シフトダウンでは40%短縮している。

一方、シャシーでは、フロントタイヤの幅を255から275に拡大することでグリップ力を高めるとともに、限界域でオーバーステアとなるのを防ぐため、新開発の後輪操舵(そうだ)機構「バーチャル・ショートホイールベース・システム」を採用している。

空力性能の改善も図っており、ベースモデル比でダウンフォースを87%向上させ、コーナリング速度を高めた。また、ボディーの各部にカーボン素材を用いるなどして、車両重量を110kg減の1415kgとしている。

これらの技術の採用により、F12tdfは0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.9秒、最高速340km/h以上という動力性能を実現。フェラーリ本社にあるフィオラーノのテストコースにおけるラップタイムは1分21秒と発表されている。

(webCG)
 

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • 第47回:フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • ポルシェ911 GT2 RS/911ターボSエクスクルーシブシリーズ 2017.7.3 画像・写真 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911 GT2 RS」を発表した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る