独アウディ、「A1スポーツバック」を公開

2011.11.22 自動車ニュース

独アウディ、「A1スポーツバック」を公開

独アウディは2011年11月18日、コンパクトカー「A1」の5ドア版「A1スポーツバック」を公開した。

「アウディA1」はユーザー拡大を狙って2010年に投入されたプレミアムコンパクトカー。日本には2011年1月に導入された。今回新たに追加された5ドアモデルは「A3」と同様に「スポーツバック」と呼ばれ、スタイリングは3ドアモデルのイメージを引き継ぐものとなっている。アウディのシンボルである「シングルフレームグリル」をフロントに収めるとともに、フェンダーに回り込むボンネット、クーペのようにスポーティーなルーフラインなどを採用している。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3954×1746×1422mm。3ドアモデルと比較すると、全長は同一で、全幅と全高がともに6mm拡大されただけだ。3ドアとは異なり、サイドウィンドウは6ライト構成とされ、また3ドアではボディーとルーフアーチを別の色に設定できる「コントラストルーフ」が、5ドアではルーフアーチだけでなくルーフやリアスポイラーにまで範囲が広げられている。

インテリアのデザインは基本的には3ドアと変わらず、飛行機のコックピットをイメージしたインストゥルメントパネルが受け継がれる。後席は3ドアに比べてヘッドルームとショルダールームが約1cmずつ拡大されており、後席の居住性が向上されたという。乗車定員は標準が4人だが、オプションで5人乗り仕様が選べるようになった。ラゲッジスペースは3ドアと同じ270リッター(拡大時は920リッター)を確保する。

エンジンはガソリン仕様が1.2 TFSI(86ps)と2種類の1.4 TFSI(122psと185ps)。185ps版はターボとスーパーチャージャーが付いた直噴エンジンで、他はターボのみの直噴エンジンである。一方、ディーゼル仕様は2種類の1.6リッター(90psと105ps)と2リッター(143ps)になる。トランスミッションについては、ヨーロッパ市場では1.4 TFSI(185ps)のみデュアルクラッチの7段Sトロニックが標準となり、その他はマニュアルが組み合わされる。また、一部モデルを除き、スタート・ストップシステム(アイドリングストップ)が標準で搭載される。

ヨーロッパでは、ベーシックな「アンビション」、装備充実の「アトラクション」、そしてスポーティーな「Sライン」というグレード構成になる。ドイツでのベースモデルの価格は1万6950ユーロ(約180万円)で、2012年早々にもディーラーのショールームに並ぶという。

(文=生方聡)

「アウディA1スポーツバック Sライン」
「アウディA1スポーツバック Sライン」 拡大
 
独アウディ、「A1スポーツバック」を公開の画像 拡大
 
独アウディ、「A1スポーツバック」を公開の画像 拡大
 
独アウディ、「A1スポーツバック」を公開の画像 拡大
 
独アウディ、「A1スポーツバック」を公開の画像 拡大

関連キーワード:
A1スポーツバックアウディA1自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • アウディS3セダン(4WD/6AT)【試乗記】 2014.6.16 試乗記 「アウディA3セダン」の高性能モデル「S3セダン」に試乗。280psの2リッター直4ターボエンジンとクワトロ4WDシステムを備えた、小粒でもぴりりと辛いスーパーセダンの走りは? 箱根のワインディングロードを目指した。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
ホームへ戻る