フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)

タイトル奪回なるか 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?

最新の“フォード顔”にフェイスリフト

フォーカスの今回のマイナーチェンジの主眼は、見てのとおり、顔まわりの刷新。いわゆる“フェイスリフト”である。最新の「フィエスタ」や「マスタング」に通じる、大型台形グリルと張りのあるボンネット(パワードームという)を組み合わせた最新のフォード顔になったのが、新しいフォーカス最大のニュースである。

現行の3代目フォーカスは日本発売からまだ2年半しかたっていないが、国際的には2010年秋に発表、翌11年初頭から順次発売されてきた。つまり、正確にはデビューから5年目のテコ入れということである。

最新フォード顔(公式には“ニューデザインランゲージ”と呼称する)を初採用した市販車は4代目「モンデオ」(北米名は2代目「フュージョン」)で、それは3代目フォーカスから間もない2012年秋に発売された。つまり、3代目フォーカスはそれ以前のフォードデザイン(キネティックデザイン)の集大成的な存在だったわけで、最新フォード顔への移行に少しばかり時間が必要だったのは、まあ仕方のない面もあるだろう。

前記のように、現行フォーカスは国際デビューからそれなりの年月が経過しているわけで、今回の手直しはフェイスリフトにとどまらない。フェイス以外の内外装デザインに大幅な変更はないが、それ以外の部分には徹底して手が入っている。

後述するパワートレインはもとより、大型液晶タッチパネルを中心としたマイフォードタッチも新しくなり、シャシー関連のチューニングは全面的に見直されているという。

エンジンが“デュラテック”から“エコブースト”へ。試乗車は装備が充実した上級グレードの「スポーツ+ エコブースト」で車両価格は349万円。
エンジンが“デュラテック”から“エコブースト”へ。試乗車は装備が充実した上級グレードの「スポーツ+ エコブースト」で車両価格は349万円。
インパネ中央には新たに8インチのタッチスクリーンが装着された。各種情報の表示・設定を音声で操作できる「MyFord Touch」が備わる。またスクリーンにナビ(オプション)を装着することも可能。
インパネ中央には新たに8インチのタッチスクリーンが装着された。各種情報の表示・設定を音声で操作できる「MyFord Touch」が備わる。またスクリーンにナビ(オプション)を装着することも可能。
180psを生み出す1.5リッター直4ターボ“エコブースト”ユニット。JC08モード燃費は従来の2リッターユニットと比べて約20%改善された(12.0→14.3km/リッター)。
180psを生み出す1.5リッター直4ターボ“エコブースト”ユニット。JC08モード燃費は従来の2リッターユニットと比べて約20%改善された(12.0→14.3km/リッター)。
ヘッドランプはよりシャープな形状へ。バイキセノンHIDヘッドランプが標準で備わる。
ヘッドランプはよりシャープな形状へ。バイキセノンHIDヘッドランプが標準で備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る