第421回:あのフィアットの御曹司が、ミラノに秘密基地を設営中!

2015.10.23 エッセイ

ラポ・エルカンの新ビジネス

ラポ・エルカンといえば、本欄第91回で紹介したとおり、現代イタリアを代表するファッションリーダーのひとりである。フィアット創業家出身のジョヴァンニ・アニェッリ元会長の孫にあたり、自身のファッションブランド「イタリア・インディペンデント」を率いている。
前回記した後も、高級時計「ウブロ」など数々の名ブランドとのコラボレーションを果たし、イタリアの女性週刊誌にはファッションモデルとの交際など、仕事&生活両面において毎月のごとく彼の動静が報じられてきた。

そのラポが、2015年10月7日、新たなビジネスをミラノで正式披露した。名付けて「ガレージ・イタリア・カスタムズ(GIC)」。彼のセンスを投影した自動車のカスタムメイド工房だ。
スタッフは総勢12名である。ラポは「クルマのサルト(仕立て師)を目指す」と宣言するとともに、「バイクでもヘリコプターでも、そして船でも、クライアントから持ち込まれれば、私たちは全力で対応する」としている。

カスタムメイド工房「ガレージ・イタリア・カスタムズ」を立ち上げたラポ・エルカン(写真中央)。右は後方の社屋のリニューアルを監修するミケーレ・デルッキ、左は将来併設されるリストランテのシェフ、カルロ・クラッコ。
カスタムメイド工房「ガレージ・イタリア・カスタムズ」を立ち上げたラポ・エルカン(写真中央)。右は後方の社屋のリニューアルを監修するミケーレ・デルッキ、左は将来併設されるリストランテのシェフ、カルロ・クラッコ。
ラポの個人車として有名な、ラッピングを施した「フェラーリ458イタリア」も展示された。ミリタリーカムフラージュにピースマークは、彼なりのハイブリッド感覚であろう。
ラポの個人車として有名な、ラッピングを施した「フェラーリ458イタリア」も展示された。ミリタリーカムフラージュにピースマークは、彼なりのハイブリッド感覚であろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。