第109回:天才運び屋は「S8」で美女を送り届ける
『トランスポーター イグニション』

2015.10.23 読んでますカー、観てますカー

同じワイルド系でも2代目はイケメン

2015年9月28日、表参道のアウディフォーラムに“天才運び屋”フランク・マーティンがやって来た。どんなものでも期限までに確実に届けるというカリスマドライバーである。運転席から姿を現したのはワイルド系のイケメン……おや? おかしいぞ。フランクはワイルド系のハゲだったはず。実は、今回来日したのは2代目フランクだった。最初のシリーズは2008年の『トランスポーター3 アンリミテッド』で終了し、『トランスポーター イグニション』はリブート版の新シリーズなのだ。

第1作の『トランスポーター』は2002年の作品である。ガイ・リッチー監督の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や『スナッチ』に出演して頭角を現していたジェイソン・ステイサムを起用し、彼をメジャーなステージに押し上げることになった。悪役然とした見た目なのに妙に情にもろいところもあるヒーロー像が新鮮で、ヒット作となった。粗野で暴力的な狂犬キャラは、『ワイルド・スピード SKY MISSION』で見事な仕上がりを見せることになる。

シリーズで脚本と製作を務めたのはリュック・ベッソンで、彼は同時期に平行してもうひとつのプロジェクトを手がけていた。1998年に始まった『TAXi』シリーズである。こちらはスピード狂のタクシー運転手が主人公で、マルセイユを舞台にワルモノとバトルを繰り広げる。愛車の「プジョー406」はエンジンをパワーアップしたスーパーマシン。グローブボックスに隠されたボタンを押すと巨大なウイングがせり出す。ドイツの強盗団が乗る「メルセデス・ベンツ500E」や日本のヤクザが持ち込んだ「三菱ランサーエボリューションVI」を蹴散らしてフランス人観客の喝采を浴びるのだ。

(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
 
第109回:天才運び屋は「S8」で美女を送り届ける『トランスポーター イグニション』の画像
 
第109回:天才運び屋は「S8」で美女を送り届ける『トランスポーター イグニション』の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る