スバル・レガシィ特別仕様車「B-SPORT」発売

2011.11.22 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」の特別仕様車「B-SPORT」発売

富士重工業は、「レガシィツーリングワゴン」「レガシィB4」のそれぞれに特別仕様車「2.5i EyeSight B-SPORT(ビー・スポーツ)」を設定し、2011年11月22日に発売した。

「レガシィツーリングワゴン/B4」の特別仕様車「2.5i EyeSight B-SPORT」は、エントリーグレード「2.5i」がベース。
「2.5GT」用の17インチアルミホイールや「2.5i Sパッケージ」用のエアロパーツなど、上級グレードに採用されているドレスアップパーツでエクステリアが飾られ、HIDロービームランプ、キーレスアクセス&プッシュスタート、運転支援システム「EyeSight(ver.2)」なども与えられる。

価格は以下のとおり。ベースモデルより26万2500円高となる。
・ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT:262万5000円
・B4 2.5i EyeSight B-SPORT:246万7500円

今回はさらに、上記に加えてアルミパッド付きスポーツペダルやカーボン加飾パネル、ファブリック×合成皮革のシート、フルオートエアコン、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグなどを装備、インテリアや安全装備の充実が図られた「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」も用意される。

こちらは「2.5i EyeSight B-SPORT」よりさらに21万円高となる。

・ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ:283万5000円
・B4 2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ:267万7500円

(webCG 関)

「スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT」
「スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT」 拡大
特別装備のフロントグリルとバンパー。
特別装備のフロントグリルとバンパー。 拡大
「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」のインテリア。
「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」のインテリア。 拡大
こちらも「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」の装備。アルミパッド付きスポーツペダル。
こちらも「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」の装備。アルミパッド付きスポーツペダル。 拡大

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る