レクサスのSUV、RXがフルモデルチェンジ

2015.10.22 自動車ニュース
「レクサスRX200t“Fスポーツ”」
「レクサスRX200t“Fスポーツ”」

レクサスのSUV「RX」がフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は2015年10月22日、レクサスブランドのSUVモデル「RX」の新型を発表。同日、販売を開始した。

シャープなデザインをまとう新型「レクサスRX」。ルーフが浮いているような視覚効果を与えるCピラーも特徴的。
シャープなデザインをまとう新型「レクサスRX」。ルーフが浮いているような視覚効果を与えるCピラーも特徴的。
開放感と包まれ感を両立させたというインテリア。ダッシュボード中央には12.3インチのワイドディスプレイがレイアウトされる。
開放感と包まれ感を両立させたというインテリア。ダッシュボード中央には12.3インチのワイドディスプレイがレイアウトされる。
荷室の様子。6:4分割可倒式の後席を倒すことで、積載容量を拡大できる。
荷室の様子。6:4分割可倒式の後席を倒すことで、積載容量を拡大できる。

■より広く、快適に

SUVならではのいでたちに、セダンの乗り心地と快適性を備えた高級クロスオーバーSUVの先駆として、1998年に登場したレクサスRX。今回の新型は初代から数えて4代目にあたるものだが、日本では初代と2代目が「トヨタ・ハリアー」の名で販売されていたため、国内で扱われるレクサスRXとしては2代目となる。

主要な市場である北米では、初代の発売直後からヒット。以来歴代モデルが好調を保ち続けており、文字通り、レクサスの“ドル箱商品”となっている。2015年4月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開され、北米ではすでに販売されている新型は、「RXでありながら、RXであることを超えていく」をコンセプトに開発された。

SUVらしい力強さと知的な大人の色気を兼ね備えることで、RXのDNAをさらに進化させたというエクステリア。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4890×1895×1710mm、ホイールベース2790mmで、先代モデルと比べた場合、全幅と全高はほぼ同じだが、ホイールベースは50mm、全長は120mm長くなった。

インテリアは、時代の一歩先をゆくエレガントな室内空間の実現を目指し、上質感と先進性を融合させたとうたわれる。インパネまわりは開放感と包まれ感を両立したデザインで、ヘッドアップディスプレイを中心とした、運転に集中できるドライバーズ空間を創出した。
ホイールベースおよび全長の延長によって室内空間にはゆとりが生まれ、ラゲッジルームも拡大。荷室容量は先代比43.3リッター増しの553リッター(うちアンダーデッキスペースは47リッター)となり、使い勝手も向上している。

「RX200t」に搭載される2リッター直4直噴エンジン。1650rpmという低回転域から最大トルクを発生する。


	「RX200t」に搭載される2リッター直4直噴エンジン。1650rpmという低回転域から最大トルクを発生する。
スポーティーグレード“Fスポーツ”には、専用デザインのメーター(写真)が与えられる。メーターの針はアニメーション表示になっている。
スポーティーグレード“Fスポーツ”には、専用デザインのメーター(写真)が与えられる。メーターの針はアニメーション表示になっている。
「RX450h“バージョンL”」
「RX450h“バージョンL”」

■走りの質感向上に注力

パワーユニットは2種類で、「RX450h」には走りの楽しさと環境への配慮を両立させたという3.5リッターV6エンジン+モーターのハイブリッド、「RX200t」には滑らかな加速フィールをセリングポイントとする2リッター直4直噴ターボエンジンが搭載される。

パフォーマンスは、RX450hがエンジンの最高出力262ps/6000rpm、最大トルク34.2kgm/4600rpmで、ハイブリッドシステムの最高出力は313ps。JC08モードでの燃費は、FF車、4WD車ともに最高18.8km/リッターを記録する。4WD車には、フロントモーター(167ps、34.2kgm)とは独立したリアモーター(68ps、14.2kgm)で後輪を駆動する「E-Four」を搭載。走行条件に応じた、最適な前後トルク配分を実現するという。
RX200tのアウトプットは238ps/4800-5600rpm、35.7kgm/1650-4000rpmで、JC08モードでの燃費はFF車が11.8km/リッター、4WD車が最高11.4km/リッター。4WD車には、速度・舵角(だかく)・ヨーレートに基づいて、前後のトルク配分を100:0から50:50まで自動的にコントロールする「ダイナミックトルクコントロールAWD」が採用されている。

シャシーは、快適性とドライバーの意図に素直に呼応する優れた応答性を両立すべく、プラットフォームのフロント部分やエンジンマウントの構造を変更。フラットな車両姿勢を実現すると同時に、疲れにくい乗り心地を追求した。
「先代から徹底的に見直した」というフロントサスペンションはマクファーソンストラット式で、リアはダブルウィッシュボーン式。スポーティーな仕立ての内外装を特徴とする“Fスポーツ”には、直進中および旋回中のロールを抑制する「電動アクティブスタビライザー」も備わる。

3眼フルLEDヘッドランプ。ウインカーには18個のLEDが用いられており、車体内側から外側に向かって光線が流れるように点滅する。
3眼フルLEDヘッドランプ。ウインカーには18個のLEDが用いられており、車体内側から外側に向かって光線が流れるように点滅する。
個性的なオーナメントパネルは、全6タイプが用意される。
個性的なオーナメントパネルは、全6タイプが用意される。
後席のための、エンターテインメントシステム。一部グレードにオプション設定される。
後席のための、エンターテインメントシステム。一部グレードにオプション設定される。
 
レクサスのSUV、RXがフルモデルチェンジの画像

■運転支援システムも充実

安全装備も最新バージョンにアップデートされた。歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」、車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト」、ロービーム/ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」という、多面的に安全運転を支援する4つの予防安全システムを組み合わせた「Lexus Safety System+」を全車に標準装備。
このほか、路車間・車車間の通信によって運転を支援する「ITS Connect」、アクセルペダルの踏み間違いによる衝突を緩和する「インテリジェントクリアランスソナー」、駐車場での後退時などに左右から接近する他車両を検知しブレーキを制御する「リアクロストラフィックオートブレーキ」、「高輝度LEDコーナリングランプ」など、レクサス初となる予防安全機能も用意された。

価格は、2リッターターボモデルがRX200t(FF/6AT)の495万円からRX200t“バージョンL”(4WD/6AT)の621万円まで。ハイブリッド車が、RX450h(FF/CVT)の602万5000円からRX450h“Fスポーツ”(4WD/CVT)の742万5000円まで。月間の目標販売台数は、500台となっている。

(文=沼田 亨)

→新型「レクサスRX」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る