スバル・インプレッサXV 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)

腰高ボディーもなんのその 2015.10.26 試乗記 スバルのクロスオーバーSUV「インプレッサXV」に、内外装の変更を含む改良が施された。従来モデルからの進化の度合いを、クローズドコースで試す。

デザインやカラーリングも人気に貢献

カタログにもボディーにも書いていないため、フト忘れがちだが、XVは「インプレッサ」シリーズの一員である。一員どころか、2012年9月の発売以来、いまやシリーズ全体の販売の4割を占める基幹モデルだ。年間1万7000台といえば、国内販売12万台規模のスバルにとっても重要なプレイヤーである。

その都市型SUVが、東京モーターショー2015のタイミングでフェイスリフトを受けた。フォグランプのハウジングにL字型の加飾プレートが付き、一見して新しい顔つきになった。17インチアルミホイールのデザインも新しくなっている。
XVが成功した理由のひとつは色だと思う。カーキ色やオフホワイトといった、日本車には珍しい微妙なトーンのすてきな色がある。オレンジ色も人気だが、例えば「トヨタ・アクア」のオレンジと比べると、はるかに深みのあるいい色だ。そんな魅力的な品ぞろえのボディーカラーには、ブルー系の新色2色が加わった。

そのほか、ステアリングギア比が15.5から14.0へと速くなった。横剛性アップを狙って、フロントサスペンションのクロスメンバーが「WRX」と同じものに変わり、リアタイヤのグリップ向上のために、リアサスペンションのブッシュのバネ定数も見直された。

クローズドのテストコースで行われたミニ試乗会のプレゼンテーションでは、以上のような変更点も紹介されたが、それらは昨年秋に行われたインプレッサシリーズのマイナーチェンジですでに施行されているものなので、2014年11月以降の新車に乗っているXVオーナーなら歯がみする必要はない。
ステアリングギア比を速くしたのは、ハンドルをきってから曲がりだすまでのディレイをなくすためだという。その結果、新型XVのステアリングレスポンスはライバル車とは一線を画し、車高の低いハッチバック車と変わらなくなったと主張する。

チョイ乗りで「2.0i-L EyeSight」を試した時はそのへんを重点的にチェックしたが、その直後に同じコースで乗ったのが、同じステアリングシステムを持つ「フォレスター」だったせいもあり、主張にあるような違いはわからなかった。

ただ、運動性能に関して、ロードクリアランスが約5cm大きいだけの2リッターインプレッサ、というXVのキャラクターは、お色直しした最新モデルでも、もちろん変わっていない。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

【スペック】
全長×全幅×全高=4450×1780×1550mm/ホイールベース=2640mm/車重=1410kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ(150ps/6200rpm、20.0kgm/4200rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=16.2km/リッター(JC08モード)/価格=259万2000円
 

2015年10月に改良を受けた「インプレッサXV」のインストゥルメントパネルまわり。各部に、ピアノブラック調パネルと金属調の装飾パーツが用いられている。
シートのデザインも新しくなっており、サイド部分に色の異なる生地が追加されたほか、ガソリン車ではオレンジ、ハイブリッド車ではシルバーのステッチが採用された。
新デザインとなったガソリン車の17インチアルミホイール。
エンジンやトランスミッションについては大きな変更はなく、ガソリン車で16.0~16.2km/リッター、ハイブリッド車で19.2~20.4km/リッターという燃費性能も変わらない(いずれもJC08モード)。
今回の改良については安全装備の強化もトピック。後側方警戒支援機能などをセットにした予防安全システム「アドバンスドセイフティパッケージ」がオプション設定された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサXVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る