GM、シボレー・コルベットZ06を一部改良

2015.10.23 自動車ニュース

ゼネラルモーターズが「シボレー・コルベットZ06」を一部改良

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年10月22日、「シボレー・コルベットZ06」に一部改良を実施し、注文受け付けを開始した。

今回の改良では、インフォテインメントシステムの機能を強化。新たに「Apple CarPlay」に対応した「MyLink統合制御ナビゲーションシステム」を標準装備とした。Apple CarPlayとは、携帯端末の「iPhone」を車載ディスプレイでコントロールできるようにする機能であり、Siri音声コマンドにより、電話をはじめとしたiPhoneの機能や、オーディオブック、Podcastなどのアプリケーションを、ハンズフリーで操作することができる。

また、モジュールのアップグレードによって処理スピードを向上させたほか、新機能として車両前方の映像を3分割で表示する「フロントカーブビューパーキングカメラ」を採用。「Z07パフォーマンス・パッケージ」装着車には、サーキットなどでのドライビングデータを記録する「パフォーマンスデータレコーダー」も用意している。

このほかにも、新たに「スウェーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング」や、クロム製のスタート/ストップボタン、トランクフードのオートクロージャーなどの装備が追加された。

価格は以下の通り。
・コルベットZ06(クーペ、7段MT):1425万円
・コルベットZ06(クーペ、8段AT):1442万円
・コルベットZ06(コンバーチブル、8段AT):1502万円

(webCG)
 

「シボレー・コルベットZ06」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る