シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)

フランス車の伝統 2015.10.29 試乗記 1.2リッター直3ターボエンジンとトルコン式6段ATが新たに搭載された「シトロエンC4」に試乗。簡単には言い表せない、フランス車ならではの魅力をリポートする。

排気量と気筒数をダウンサイズ

編集部からの試乗依頼メールには、「難易度“高”の物件です」と書かれていた。この“難易度”という言葉にはどうも違和感があって、昔は単に“難度”と言い表していたのではないか……というのはこの際関係ない。一体何がそんなに難しいのか。試乗車は「シトロエンC4」である。Cセグメントに属する5ドアハッチバックで、ごくまっとうなクルマだ。「プジョー308」の姉妹車で、ライバルとしては「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「ルノー・メガーヌ」などがある。

欧州では販売のボリュームゾーンにあたり、群雄割拠の状態となっているが、日本ではほぼゴルフの一人勝ちというジャンルである。中でもシトロエンというブランドは浸透度が高いとはいえない。ご先祖にあたる「クサラ」も、それほど多くの台数が輸入されたわけではなかった。そして、プジョーとの差別化をどう図っていくか。現時点での立ち位置がとらえがたく、キャッチーなフレーズで表現することはたしかに難しい。

2004年に発表されたC4は2011年に2代目となり、このほどマイナーチェンジを受けた。エンジンは1.6リッター直4ターボから1.2リッター直3ターボに変更されている。排気量とともに気筒数も減らしたダウンサイジングターボだ。「シトロエンC3」や「プジョー208」に搭載されている1.2リッター直3自然吸気エンジンのターボ版である。ターボ化によって、出力で約60%、トルクで約95%の向上を達成した。Bセグメント、Cセグメントは3気筒が標準という時代になってきた。

「クサラ」の後継モデルとして2004年に登場した「C4」。現行モデルは2011年に登場した2代目に当たる。


	「クサラ」の後継モデルとして2004年に登場した「C4」。現行モデルは2011年に登場した2代目に当たる。
「C4」のインテリア。トランスミッションの変更に伴い、シフトセレクターまわりの意匠が変わったこと、内装色が黒で統一されたことを除けば、大きな変更はない。
「C4」のインテリア。トランスミッションの変更に伴い、シフトセレクターまわりの意匠が変わったこと、内装色が黒で統一されたことを除けば、大きな変更はない。
シート表皮にはファブリックを採用。オプションでもレザーシートは用意されていない。
シート表皮にはファブリックを採用。オプションでもレザーシートは用意されていない。
6:4分割可倒式のリアシート。
6:4分割可倒式のリアシート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る