シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)

フランス車の伝統 2015.10.29 試乗記 1.2リッター直3ターボエンジンとトルコン式6段ATが新たに搭載された「シトロエンC4」に試乗。簡単には言い表せない、フランス車ならではの魅力をリポートする。

排気量と気筒数をダウンサイズ

編集部からの試乗依頼メールには、「難易度“高”の物件です」と書かれていた。この“難易度”という言葉にはどうも違和感があって、昔は単に“難度”と言い表していたのではないか……というのはこの際関係ない。一体何がそんなに難しいのか。試乗車は「シトロエンC4」である。Cセグメントに属する5ドアハッチバックで、ごくまっとうなクルマだ。「プジョー308」の姉妹車で、ライバルとしては「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「ルノー・メガーヌ」などがある。

欧州では販売のボリュームゾーンにあたり、群雄割拠の状態となっているが、日本ではほぼゴルフの一人勝ちというジャンルである。中でもシトロエンというブランドは浸透度が高いとはいえない。ご先祖にあたる「クサラ」も、それほど多くの台数が輸入されたわけではなかった。そして、プジョーとの差別化をどう図っていくか。現時点での立ち位置がとらえがたく、キャッチーなフレーズで表現することはたしかに難しい。

2004年に発表されたC4は2011年に2代目となり、このほどマイナーチェンジを受けた。エンジンは1.6リッター直4ターボから1.2リッター直3ターボに変更されている。排気量とともに気筒数も減らしたダウンサイジングターボだ。「シトロエンC3」や「プジョー208」に搭載されている1.2リッター直3自然吸気エンジンのターボ版である。ターボ化によって、出力で約60%、トルクで約95%の向上を達成した。Bセグメント、Cセグメントは3気筒が標準という時代になってきた。

「クサラ」の後継モデルとして2004年に登場した「C4」。現行モデルは2011年に登場した2代目に当たる。


	「クサラ」の後継モデルとして2004年に登場した「C4」。現行モデルは2011年に登場した2代目に当たる。
「C4」のインテリア。トランスミッションの変更に伴い、シフトセレクターまわりの意匠が変わったこと、内装色が黒で統一されたことを除けば、大きな変更はない。
「C4」のインテリア。トランスミッションの変更に伴い、シフトセレクターまわりの意匠が変わったこと、内装色が黒で統一されたことを除けば、大きな変更はない。
シート表皮にはファブリックを採用。オプションでもレザーシートは用意されていない。
シート表皮にはファブリックを採用。オプションでもレザーシートは用意されていない。
6:4分割可倒式のリアシート。
6:4分割可倒式のリアシート。
関連記事
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る