アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)

優等生の限界 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」プラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、その実力を確かめた。

【総評】速さは「文句ナシ」だが……★★★★☆<4>

3代目となるアウディTTにとって、そのキャラクターが「おしゃれなスポーティーカー」という言葉で紹介されるのは、もはや看過できないことであるはずだ。

「『価格を抑えた若者狙いのクーペ』という視点から開発をスタートさせた」と国際試乗会の場で開発担当者が口にした初代モデルでは、そうしたフレーズもひとつの“褒め言葉”として受け入れることができたはず。
また、過半の部分にアルミ材を用いたスペースフレーム構造を採り入れ、軽量化と共にボディーのポテンシャルを大幅にアップグレードさせた2代目も、基本的には見ても乗っても、「初代モデルの進化版」というキャラクターが色濃く感じられる仕上がりの持ち主だった。

だからこそ、初代モデルの誕生から17年を経て、再度のフルモデルチェンジで登場したこの3代目からは、「今度こそ、このシリーズ全体を、アウディを代表するピュアなスポーツカーとして認知させたい」と、そんな思いがにじみ出ているように感じられる。

そんな“本格スポーツカーへの憧れ”は、電気的なデバイスの助けも借りて耳に届けられる、「R8」をほうふつとさせるV10ばりのサウンドと共に、強烈な加速力が味わえる「TTS」で最も顕著に実感できる。しかし、今回はオープンのロードスターでもクーペにほとんど見劣りしない、走り始めた瞬間からその強靱(きょうじん)さがイメージできる、すこぶる高い剛性感が味わえるボディーを実現させたことなどからも読み取ることが可能だ。

確かに新型TTシリーズの走りは、そんなしっかりとしたボディーの仕上がりを根底に、歴代モデルの中でも最も骨太感が強いもの。0-100km/h加速をわずか4.7秒でこなすTTSグレードの速さには目を見張るが、それ以外のグレードでも、そのスピードに関しては、もはや「文句ナシ」の水準だ。

が、それではこの3代目TTシリーズが、ついに“生粋のスポーツカー”と誰もが認め得るものへと昇華されたかといえば、そこにはやはり引っかかりが残る。端的に言ってしまえば、スポーツカーには「このモデルのためだけに用意された」というストーリーを語れる、何らかの記号性が欲しい。3代目となったTTシリーズには、やはりそこの“スプーン1杯の隠し味”が足りないのだ。

仮にのハナシ、それは2WD仕様の駆動輪を、現状の前輪から後輪へと移すだけでもある程度は成し得る内容であると思う。
無論、理屈からすれば、せっかく横置きパワーパックから取り出される出力軸の方向を、90度向きを変えて後輪へと伝えるなどというのは不条理そのもの。けれども、そもそもスポーツカーというのは、さまざまな不条理の上にこそ成り立つものだろう。

というわけで、モデルチェンジを繰り返すたびに洗練度が増していくTTシリーズは、むしろ「徐々にいわゆる“スポーツカー”からは一線を画しつつある」ようにも思える。もちろん、それは決して悪いことではないのだが、同時に、パワーパック横置きレイアウトをその根源に持つ、TTであるがゆえの限界点を示したといってもいいのかもしれない。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

1998年に初代がデビューした「アウディTT」。現行モデルはその3代目にあたり、日本では2015年8月に発売された
1998年に初代がデビューした「アウディTT」。現行モデルはその3代目にあたり、日本では2015年8月に発売された
「アウディTT」に装備される「バーチャルコックピット」。メーターパネル全体が12.3インチの液晶画面となっており、写真のようにカーナビとしても利用できる。
「アウディTT」に装備される「バーチャルコックピット」。メーターパネル全体が12.3インチの液晶画面となっており、写真のようにカーナビとしても利用できる。
丸い吹き出し口と一体となった、ユニークなデザインの空調コントローラー。吹き出し口の中央が各機能のオン/オフスイッチとなっており、温度や風量の調整はリムの下のツマミで操作する。
丸い吹き出し口と一体となった、ユニークなデザインの空調コントローラー。吹き出し口の中央が各機能のオン/オフスイッチとなっており、温度や風量の調整はリムの下のツマミで操作する。
ボディーカラーには各グレードに設定される専用色を含め、全11種類が用意される。
ボディーカラーには各グレードに設定される専用色を含め、全11種類が用意される。
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る