ボルボV60クロスカントリーD4 SE(FF/8AT)

これからのオールラウンダー 2015.10.27 試乗記 ボルボから、新たなクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」が登場。ベースとなった「V60」とは異なる、このクルマならではの味わいや、走りの印象を報告する。

懐かしのスタイル

ボルボがV60にクロスカントリーを用意するとは、個人的にはちょっと意外に思えた。もっとも、ステーションワゴンなどの乗用車の車高をリフトアップして、オフローダー風の加飾を施したナンチャッテ・クロスオーバーSUVは今やけっこう定番的な企画商品であるし、ボルボはたしかにパイオニアメーカーのひとつではあった。でも、歴史の流れを考えると、やはり予想外だった。

こうした手法が最初にプチ流行したのは1990年代半ばのことだ。日本では94年に出た「三菱ギャランスポーツ」が最初だったと記憶する(5ドアハッチバックがベースで、たしか車高は上がっていない)。
翌年になると、今度は富士重工がステーションワゴンの車高をきちんと(?)カサ上げした「スバル・インプレッサスポーツワゴン グラベルEX」を、さらに翌年には、それをひとつ上の兄貴分に適応した「レガシィ グランドワゴン」を発売する。

そして、その手法は日本にちょっと遅れて欧州にも伝わる。欧州メーカーで初めてその流れに乗ったのがボルボで、最初の「V70 XC」がデビューしたのは97年だ。続いてアウディが99年に初代「オールロードクワトロ」を世に送り出す。
……と、ここまで読んでいただいてお気づきのかたも多いと思う。こうしたナンチャッテSUVは、そもそも本格的なクロスカントリー車(=今でいうSUV)を持たないメーカーが、カタチだけでもRVブームに乗るための苦肉の策でもあった。三菱を例外とすれば、これらを発売した当時のスバル、ボルボ、アウディには、今でいうSUVのラインナップはなかったのだ。

ボルボのクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」。日本では2015年10月6日に発売された。
ボルボのクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」。日本では2015年10月6日に発売された。
運転席まわりの様子。テスト車は、「アンスラサイト(グレー)」のインテリアカラーにベージュの本革シートが組み合わされていた。
運転席まわりの様子。テスト車は、「アンスラサイト(グレー)」のインテリアカラーにベージュの本革シートが組み合わされていた。
つやのあるブラックのドアミラーカバーは、「V60クロスカントリー」の専用装備のひとつ。
つやのあるブラックのドアミラーカバーは、「V60クロスカントリー」の専用装備のひとつ。
「V60クロスカントリー」のラインナップは、ディーゼル車とガソリン車、各1車種ずつ。今回は前者に試乗した。
「V60クロスカントリー」のラインナップは、ディーゼル車とガソリン車、各1車種ずつ。今回は前者に試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 特集 ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る