第132回:箱根のターンパイクを封鎖せよ! アウディの最新電気自動車をワインディングでテストした

2011.11.22 エッセイ

第132回:箱根のターンパイクを封鎖せよ!アウディの最新電気自動車をワインディングでテストした

アウディジャパンは2011年11月16日、神奈川県小田原市の「TOYO TIRESターンパイク」を貸し切りにして、新しい電気自動車「A1 e-tron」「A3 e-tron」プロトタイプの試乗会を行った。

スポーツカーの聖地!?

独アウディ本社から日本に送り込まれたのは、「A1」と「A3」の「e-tron(イートロン)」モデル。e-tronとは、アウディが手がける電気自動車(EV)のことで、フルタイム4WDを「クワトロ」、ステーションワゴンを「アバント」と呼ぶように、電気自動車にもオリジナルの名前が与えられている。

e-tronには、バッテリーのエネルギーだけで走るピュアEVに加えて、プラグインハイブリッドやレンジエクステンダー付きEV、燃料電池車が含まれる。今回用意されたのは、ピュアEVの「A3 e-tron」とレンジエクステンダー付きEVの「A1 e-tron」。どちらも実証実験などに使われている車両で、ここで培われた技術が将来の量産e-tronに生かされるというわけだ。

写真を見るとわかるように、A1 e-tronもA3 e-tronも、アウディ本社があるドイツ・インゴルシュタットのナンバーが付いている。ということは、そのままでは日本の道が走れない。そういう場合、大抵は大きな駐車場やサーキットを試乗会場に選ぶのだが、なんとアウディは箱根の有料道路「TOYO TIRESターンパイク」を3日間貸し切りにしてしまったのだ。e-tronのスポーティーさを体感してほしかったから……というのが理由らしい。

聞くところによると、イギリスの人気自動車バラエティー番組「Top Gear」でターンパイクが紹介されたのがきっかけで、アウディ本社のスタッフのうち、「スポーツカーの聖地=ターンパイク」というイメージを抱いている人が少なからず存在するというのだ。つまり、“日本のニュルブルクリンク”で自慢のe-tronを試してほしいという計らいである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ