フェラーリが488スパイダーを日本初公開

2015.10.24 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。


	本邦初公開された「フェラーリ488スパイダー」。

フェラーリが「488スパイダー」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年10月23日、新型ミドシップオープンスポーツカー「488スパイダー」を日本で初公開した。価格は3450万円。

「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。
「488スパイダー」のリアビュー。スカイブルーメタリックのボディカラーは「ブルーコルサ」と呼ばれる新色。
「488スパイダー」のインテリア。
「488スパイダー」のインテリア。
「488スパイダー」のシート。
「488スパイダー」のシート。

■歴代のV8オープンモデルで最も高性能

488スパイダーはクーペモデルの「488GTB」と同様に、670psと77.5kgmを発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載する。0-100km/h加速は3.0秒、最高速は325km/h以上と、フェラーリの歴代V8オープンモデルの中で最も高い性能を誇る。

開閉可能なルーフ「リトラクタブルハードトップ(RHT)」は「458スパイダー」が採用したものを継承している。同様の構造のソフトトップルーフより25kg軽くでき、ルーフの収納容積を100リッターとコンパクトに抑えられるのが自慢。開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下でなら走行中に開閉することもできる。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。「パワフルな性能がもたらすオープンカーならではのドライビングプレジャーを、誰もがリラックスして楽しめるというのが488スパイダーのコンセプト。(V8ミドシップスパイダーでは)オープントップドライビングそのものに加え、遮るものがないダイレクトなエンジンサウンドや、2人乗車に十分な室内の快適性とユーザビリティーが高く評価されてきた」と、同車の魅力を語った。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

488スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
ホームへ戻る