ダイハツ、3車種にアニバーサリーモデルを設定

2015.10.26 自動車ニュース

「ダイハツ・ミラ イースX“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」


	「ダイハツ・ミラ イースX“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」

ダイハツ、3車種にゴールドのアニバーサリーモデルを設定

ダイハツ工業は2015年10月26日、軽乗用車の「ムーヴ」「ミラ イース」、軽商用車の「ハイゼット トラック」に特別仕様車「ゴールドエディション」を設定し、販売を開始した。

各車に装備される専用エンブレム。上が「ムーヴ」、下段左が「ミラ イース」、下段右が「ハイゼット トラック」。
各車に装備される専用エンブレム。上が「ムーヴ」、下段左が「ミラ イース」、下段右が「ハイゼット トラック」。

今回の特別仕様車は、ムーヴの誕生20周年、ミラの誕生35周年、ハイゼットの誕生55周年を記念して設定されたもので、専用のエンブレムやゴールドカラーの装飾などでドレスアップされた内外装を特徴としている。また、一部装備の追加や専用色の設定も行われている。

モデルごとの特徴は以下の通り。

「ムーヴカスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」
「ムーヴカスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のシート。
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のシート。

■ムーヴ

ベース車は「カスタムRS“SA II”」「カスタムX“SA II”」の2グレード。特別装備は以下の通り。

・専用Anniversaryエンブレム(フロントフェンダー、バックドア)
・専用ゴールドメッキフロントグリル
・専用ゴールドドアアウターハンドル
・15インチアルミホイール(切削×ゴールド、カスタムRS“SA II”のみ)
・専用インパネガーニッシュ(グロッシーブラッククロス×ゴールドライン)
・専用ドアオーナメントパネル(グロッシーブラッククロス×ゴールドライン)
・本革×専用ファブリック(ゴールドステッチ)

価格は以下の通り。
・カスタムX“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”:154万4400円(FF)/166万8600円(4WD)
・カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”:167万9400円(FF)/180万3600円(4WD)

「ミラ イースG“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」
「ミラ イースG“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のインストゥルメントパネルまわり。
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のインストゥルメントパネルまわり。
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のシート。
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のシート。

■ミラ イース

ベース車は「X“SA”」「G“SA”」「Xf“SA”」「Gf“SA”」の4グレード。特別装備は以下の通り。

・専用Anniversaryエンブレム(フロントフェンダー、バックドア)
・専用ゴールド&ダークメッキフロントグリル
・専用ゴールドドアアウターハンドル
・専用14インチアルミホイール
・専用ゴールドフェイスプレート付きインテグレートCD・AM/FM付きステレオ&10cmスピーカー+AUX端子
・オーディオパネル(プレミアムシャインブラック)
・ブラックシート表皮

価格は以下の通り。
・X“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:103万6800円
・Xf“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:117万7200円
・G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:121万3715円
・Gf“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:135万4115円

「ハイゼット トラック エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」
「ハイゼット トラック エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のシート。
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のシート。
専用色の「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」(左)と「マスカットグリーンメタリック」(右)。
専用色の「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」(左)と「マスカットグリーンメタリック」(右)。
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。

■ハイゼット トラック

ベース車は「ジャンボ」「エクストラ」「ハイルーフ」「スタンダード」の4グレード。特別装備は以下の通り。

・専用Anniversaryエンブレム(フロントドア、テールゲート)
・専用ゴールドメッキフロントグリル
・12インチフルホイールキャップ
・トップシェードガラス
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ(専用ゴールドベゼル付き)
・大型荷台作業灯(ハイルーフとスタンダードのみ、その他のグレードではベース車に標準装備)
・アウタードアミラーブラック化(ボディーカラーがホワイトの場合はホワイト、シルバーの場合はシルバーとなる)
・アウタードアハンドルボディー同色化
・専用ゴールドフェイスプレート付きインテグレートCD・AM/FM付きステレオ&10cmスピーカー+AUX端子
・メッキステアリングオーナメント(ハイルーフとスタンダードのみ、その他のグレードではベース車に標準装備)

ボディーカラーには同車専用色の「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」「マスカットグリーンメタリック」を含む全8色を用意している。価格は以下の通り。

・スタンダード“55th Anniversaryゴールドエディション”:83万7000円(FR/5MT)/93万4200円(FR/4AT)/98万8200円(4WD/5MT)/108万5400円(4WD/4AT)
・ハイルーフ“55th Anniversaryゴールドエディション”:85万3200円(FR/5MT)/95万400円(FR/4AT)/100万4400円(4WD/5MT)/110万1600円(4WD/4AT)
・エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”:98万2800円(FR/5MT)/108万円(FR/4AT)/113万4000円(4WD/5MT)/123万1200円(4WD/4AT)
・ジャンボ“55th Anniversaryゴールドエディション”:108万円(FR/5MT)/117万7200円(FR/4AT)/123万1200円(4WD/5MT)/132万8400円(4WD/4AT)

同時に、「スタンダード“エアコン・パワステレス”」をベースに装備を簡素化した「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」を設定。駆動方式はFR、トランスミッションは5段MTのみの設定で、価格は55周年にちなんで税抜きで55万5000円、税込みでは59万9400円となっている。

(webCG)
 

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る