東京モーターショー2015

スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】

2015.10.28 自動車ニュース
「スバルWRX S4スポルヴィータ」
「スバルWRX S4スポルヴィータ」

【東京モーターショー2015】「スバルWRX S4」に上質なインテリアの限定モデルが登場

富士重工業は2015年10月28日、第44回東京モーターショーにおいて、「スバルWRX S4」の特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」を発表した。同年11月18日より、500台限定で販売を行う。

 
スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】の画像
MARIO LEVIは69年の歴史を持つイタリアの自動車用革製品サプライヤーである。
MARIO LEVIは69年の歴史を持つイタリアの自動車用革製品サプライヤーである。

■内装をタンとブラックのツートーンでコーディネート

スバルWRX S4スポルヴィータは、WRX S4の上級グレード「2.0GT-S EyeSight」をベースに内外装を専用に仕立てた限定モデル。車名の「スポルヴィータ(SporVita)」とは、「Sportiva(スポーティーな)」と「Vita(人生)」という2つのイタリア語を組み合わせた造語である。

インテリアには、イタリアの革製品メーカーであるMARIO LEVI(マリオレヴィ)社の専用本革シートを採用。色はタンとブラックのツートーンで、フロントのヘッドレストには「WRX S4」の刺しゅうを施している。また、このシートカラーに合わせ、アームレストやシフトブーツなどをタンでコーディネート。インストゥルメントパネルやシフトセレクターにはピアノブラック調の装飾を用いている。

また、カタログモデルではオプション扱いとなっている245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤや、予防安全機能の「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準装備としている。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

<インテリア>
・MARIO LEVI製タン/ブラック本革シートカバー(デザインステッチ、「WRX S4」ロゴ刺しゅう)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革タン/ブラック、タンステッチ、ピアノブラック調加飾)
・本革巻きシフトレバー(高触感革、タンステッチ)
・シフトブーツ(タン)
・ピアノブラック調インパネ加飾パネル、オーディオ/空調パネル、エアコンサイドベンチグリル加飾
・インパネセンターバイザー(タンステッチ)
・タン/ブラック ドアトリム(デザインステッチ)
・ピアノブラック調パワーウィンドウスイッチ加飾パネル
・フロントコンソール(レザー調素材巻き、タンステッチ)+ピアノブラック調加飾パネル
・スライド機構付きコンソールリッド(タン、タンステッチ)
・ピアノブラック調電動パーキングスイッチパネル

<エクステリア>
・LEDヘッドランプ(光輝タイプ)
・光輝ウィンドウモール
・WRXエンブレム付きサイドガーニッシュ(高艶ベロアメッキ)
・トランクガーニッシュ(高艶ベロアメッキ)

<その他>
・245/40R18 ハイパフォーマンスタイヤ
・アドバンスドセイフティパッケージ(スバルリヤビークルディテクション、ハイビームアシスト、サイドビューモニター、アイサイトアシストモニター)

ボディーカラーは「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「ダークグレー・メタリック」「ピュアレッド」に専用色の「ラピスブルー・パール」を加えた全5色を用意。このうち、クリスタルホワイト・パールについては3万2400円の有償で、ラピスブルー・パールについては2016年1月17日受注分までの期間限定での設定となる。

価格は390万9600円。

(webCG)

→「WRX S4スポルヴィータ」の詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
WRX S4スバル東京モーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記