東京モーターショー2015

スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】

2015.10.28 自動車ニュース
「スバルWRX S4スポルヴィータ」
「スバルWRX S4スポルヴィータ」

【東京モーターショー2015】「スバルWRX S4」に上質なインテリアの限定モデルが登場

富士重工業は2015年10月28日、第44回東京モーターショーにおいて、「スバルWRX S4」の特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」を発表した。同年11月18日より、500台限定で販売を行う。

 
スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】の画像
MARIO LEVIは69年の歴史を持つイタリアの自動車用革製品サプライヤーである。
MARIO LEVIは69年の歴史を持つイタリアの自動車用革製品サプライヤーである。

■内装をタンとブラックのツートーンでコーディネート

スバルWRX S4スポルヴィータは、WRX S4の上級グレード「2.0GT-S EyeSight」をベースに内外装を専用に仕立てた限定モデル。車名の「スポルヴィータ(SporVita)」とは、「Sportiva(スポーティーな)」と「Vita(人生)」という2つのイタリア語を組み合わせた造語である。

インテリアには、イタリアの革製品メーカーであるMARIO LEVI(マリオレヴィ)社の専用本革シートを採用。色はタンとブラックのツートーンで、フロントのヘッドレストには「WRX S4」の刺しゅうを施している。また、このシートカラーに合わせ、アームレストやシフトブーツなどをタンでコーディネート。インストゥルメントパネルやシフトセレクターにはピアノブラック調の装飾を用いている。

また、カタログモデルではオプション扱いとなっている245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤや、予防安全機能の「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準装備としている。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

<インテリア>
・MARIO LEVI製タン/ブラック本革シートカバー(デザインステッチ、「WRX S4」ロゴ刺しゅう)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革タン/ブラック、タンステッチ、ピアノブラック調加飾)
・本革巻きシフトレバー(高触感革、タンステッチ)
・シフトブーツ(タン)
・ピアノブラック調インパネ加飾パネル、オーディオ/空調パネル、エアコンサイドベンチグリル加飾
・インパネセンターバイザー(タンステッチ)
・タン/ブラック ドアトリム(デザインステッチ)
・ピアノブラック調パワーウィンドウスイッチ加飾パネル
・フロントコンソール(レザー調素材巻き、タンステッチ)+ピアノブラック調加飾パネル
・スライド機構付きコンソールリッド(タン、タンステッチ)
・ピアノブラック調電動パーキングスイッチパネル

<エクステリア>
・LEDヘッドランプ(光輝タイプ)
・光輝ウィンドウモール
・WRXエンブレム付きサイドガーニッシュ(高艶ベロアメッキ)
・トランクガーニッシュ(高艶ベロアメッキ)

<その他>
・245/40R18 ハイパフォーマンスタイヤ
・アドバンスドセイフティパッケージ(スバルリヤビークルディテクション、ハイビームアシスト、サイドビューモニター、アイサイトアシストモニター)

ボディーカラーは「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「ダークグレー・メタリック」「ピュアレッド」に専用色の「ラピスブルー・パール」を加えた全5色を用意。このうち、クリスタルホワイト・パールについては3万2400円の有償で、ラピスブルー・パールについては2016年1月17日受注分までの期間限定での設定となる。

価格は390万9600円。

(webCG)

→「WRX S4スポルヴィータ」の詳しい画像はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
ホームへ戻る