東京モーターショー2015

スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】

2015.10.28 自動車ニュース
「スバルWRX S4スポルヴィータ」
「スバルWRX S4スポルヴィータ」

【東京モーターショー2015】「スバルWRX S4」に上質なインテリアの限定モデルが登場

富士重工業は2015年10月28日、第44回東京モーターショーにおいて、「スバルWRX S4」の特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」を発表した。同年11月18日より、500台限定で販売を行う。

 
スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルWRX S4に上質なインテリアの限定モデル【東京モーターショー2015】の画像
MARIO LEVIは69年の歴史を持つイタリアの自動車用革製品サプライヤーである。
MARIO LEVIは69年の歴史を持つイタリアの自動車用革製品サプライヤーである。

■内装をタンとブラックのツートーンでコーディネート

スバルWRX S4スポルヴィータは、WRX S4の上級グレード「2.0GT-S EyeSight」をベースに内外装を専用に仕立てた限定モデル。車名の「スポルヴィータ(SporVita)」とは、「Sportiva(スポーティーな)」と「Vita(人生)」という2つのイタリア語を組み合わせた造語である。

インテリアには、イタリアの革製品メーカーであるMARIO LEVI(マリオレヴィ)社の専用本革シートを採用。色はタンとブラックのツートーンで、フロントのヘッドレストには「WRX S4」の刺しゅうを施している。また、このシートカラーに合わせ、アームレストやシフトブーツなどをタンでコーディネート。インストゥルメントパネルやシフトセレクターにはピアノブラック調の装飾を用いている。

また、カタログモデルではオプション扱いとなっている245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤや、予防安全機能の「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準装備としている。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

<インテリア>
・MARIO LEVI製タン/ブラック本革シートカバー(デザインステッチ、「WRX S4」ロゴ刺しゅう)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革タン/ブラック、タンステッチ、ピアノブラック調加飾)
・本革巻きシフトレバー(高触感革、タンステッチ)
・シフトブーツ(タン)
・ピアノブラック調インパネ加飾パネル、オーディオ/空調パネル、エアコンサイドベンチグリル加飾
・インパネセンターバイザー(タンステッチ)
・タン/ブラック ドアトリム(デザインステッチ)
・ピアノブラック調パワーウィンドウスイッチ加飾パネル
・フロントコンソール(レザー調素材巻き、タンステッチ)+ピアノブラック調加飾パネル
・スライド機構付きコンソールリッド(タン、タンステッチ)
・ピアノブラック調電動パーキングスイッチパネル

<エクステリア>
・LEDヘッドランプ(光輝タイプ)
・光輝ウィンドウモール
・WRXエンブレム付きサイドガーニッシュ(高艶ベロアメッキ)
・トランクガーニッシュ(高艶ベロアメッキ)

<その他>
・245/40R18 ハイパフォーマンスタイヤ
・アドバンスドセイフティパッケージ(スバルリヤビークルディテクション、ハイビームアシスト、サイドビューモニター、アイサイトアシストモニター)

ボディーカラーは「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「ダークグレー・メタリック」「ピュアレッド」に専用色の「ラピスブルー・パール」を加えた全5色を用意。このうち、クリスタルホワイト・パールについては3万2400円の有償で、ラピスブルー・パールについては2016年1月17日受注分までの期間限定での設定となる。

価格は390万9600円。

(webCG)

→「WRX S4スポルヴィータ」の詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
WRX S4スバル東京モーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る