東京モーターショー2015

500psの限定モデルBMW M4 GTS、世界初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
東京モーターショー2015で世界初公開された限定モデル「BMW M4 GTS」。
東京モーターショー2015で世界初公開された限定モデル「BMW M4 GTS」。

【東京モーターショー2015】500psの限定モデル「BMW M4 GTS」、世界初公開

BMWは2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーに、BMWの新たなハイパフォーマンスモデル「M4 GTS」や、フラッグシップセダン「7シリーズ」の新型を出展した。

この日は、BMWグループのデザイン本部長エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏も登壇。新型「BMW 7シリーズ」のデザインについて説明した。


	この日は、BMWグループのデザイン本部長エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏も登壇。新型「BMW 7シリーズ」のデザインについて説明した。
「BMW 740Li」
「BMW 740Li」
新型「7シリーズ」に続いて披露された「M4 GTS」。BMW M社のフランシスカス・ファン・メール社長(写真右端)自ら、その高性能ぶりを紹介した。
新型「7シリーズ」に続いて披露された「M4 GTS」。BMW M社のフランシスカス・ファン・メール社長(写真右端)自ら、その高性能ぶりを紹介した。
「M4 GTS」の車体後部には、大きなリアウイングが装着される。0-100km/hの加速タイムは、3.8秒。
「M4 GTS」の車体後部には、大きなリアウイングが装着される。0-100km/hの加速タイムは、3.8秒。
BMWのブース内には、プラグインハイブリッドモデル(写真)や電気自動車も並べられた。
BMWのブース内には、プラグインハイブリッドモデル(写真)や電気自動車も並べられた。

■500psのスペシャルモデルが登場

BMWはM4 GTSをワールドプレミア、2015年10月に国内で発表された新型7シリーズも出展した。モデル紹介に先立ってBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長が壇上に立ち、BMWの売り上げが全世界で好調であることを報告した。
クロンシュナーブル氏によれば2014年は過去最高の販売台数を記録、2015年も9月末までの期間でみると対前年比で12%の売り上げ増を達成しているとのことだ。

ここで新型7シリーズの名が呼ばれ、白い「BMW 740Li」がステージに登場した。モデル概要の説明は、BMWグループのデザイン本部長であり副社長も務めるエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏が行った。

ファン・ホーイドンク氏によれば、新型7シリーズのデザインテーマはモダンラグジュアリーとのこと。同車が秘めるインテリジェンスやハイテクノロジーを、造形としても表現したと述べた。具体的には、必要な空気の流入量に応じて開閉するフロントグリルや、「BMW i8」にも採用したレーザーライトを挙げた。
デザイン全体では、最低限のラインでアンダーステートメントな表現を心がけつつ、クロムの処理などの細部にこだわったとのことだった。

もう一台のBMW M4 GTSを紹介したのは、BMW M社のフランシスカス・ファン・メール社長。M社が手がけたモデルの、2014年の売り上げは対前年比で+44%と大幅に伸びており、2015年も大幅な増加が見込まれるという。そして2016年に世界700台限定で投入するのが、このBMW M4 GTSだ。
「M3」「M4」に搭載する3リッター直列6気筒ターボエンジンを大幅にチューンしたエンジンは、最高出力500psを発生。軽量構造の徹底や、20%の軽量化を果たしたチタン製マフラーの採用などで、車重1510kgにまでダイエットしている。
ファン・ミール氏は、「レーシングカーのエキサイトメントを堪能できるモデルです」とM4 GTSを紹介した。

BMWはほかに、「X5 xDrive40e」「330e」「225xe」といったプラグインハイブリッド車を持ち込み、自社の戦略において「電気」が重要であることをあらためて示した。

(文=サトータケシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW 740i(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.9 試乗記 BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」がモデルチェンジを受けた。新機軸を多数搭載した“電子仕掛けの旗艦”は、その走りをどこまで進化させたのだろうか。ラインナップのベーシックグレード「740i」に試乗した。
ホームへ戻る