東京モーターショー2015

新型ルノー・トゥインゴは2016年春発売【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
ルノーブースの主役は新型「トゥインゴ」だった。
ルノーブースの主役は新型「トゥインゴ」だった。

【東京モーターショー2015】新型「ルノー・トゥインゴ」は2016年春発売

ルノーは2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーで、新型「トゥインゴ」を日本初公開した。

ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)社長。
ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)社長。
仏ルノーのローレンス・ヴァン・デン・アッカー デザイン担当副社長。
仏ルノーのローレンス・ヴァン・デン・アッカー デザイン担当副社長。
新型「トゥインゴ」は主要なコンポーネンツを「スマート・フォーフォー」と共用する。
新型「トゥインゴ」は主要なコンポーネンツを「スマート・フォーフォー」と共用する。
0.9リッター直3ターボをリアに搭載する。
0.9リッター直3ターボをリアに搭載する。
新型「トゥインゴ」のインテリア。
新型「トゥインゴ」のインテリア。

■0.9リッター直3ターボをリアに搭載

ブースの四隅に広がるように新型ルノー・トゥインゴを配置。すでに欧州で発売しているモデルだけあってカンファレンス前からベールに包むことなく披露していた。

冒頭、ルノー・ジャポンの大極 司社長が、日本市場における販売台数が5年連続で対前年比プラスを記録したと実績を強調。「日産とのアライアンスのおかげもあって、日本でのルノーの知名度はかなり向上した。ただ、まだどういうクルマを売っているのかというイメージまでは十分もっていただけていない。今後は新しいキャッチコピー『Passion for life』にもとづき、パッションをもったカーブランドであることをPRしていきたい」と述べた。

続いて、ルノーのデザイン担当副社長のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏がトゥインゴについて説明。自身が掲げるデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」(人と人が出会い恋に落ちる「LOVE」、ふたりが世界を旅し「EXPLORE」、家族を持ち「FAMILY」、働いて充足し「WORK」、余暇を楽しみ「PLAY」、賢さを得る「WISDOM」と人生を6つのステージに分け、それぞれに合ったクルマを提供すること)のうち、トゥインゴは「PLAY」のステージのためのクルマであると述べ、短い前後オーバーハングやキャンバストップなど、初代、2代目からのよい伝統を引き継いだほか、リアハッチガラスの角度やフェンダーの盛り上がりなどについては、1972年発売の「ルノー5」からの影響を受けたと説明した。

トゥインゴはリアエンジン・リアドライブを採用することで、コンパクトな車体のわりに広い室内(室内長2.2m)を獲得したほか、前にエンジンがないことで前輪の切れ角を大きく取り、最小回転直径8.65mを実現した。全長×全幅×全高は3620×1650~1660×1545mmで、ホイールベースは2490mm。エンジンは0.9リッター直3ターボ(最高出力90ps/5500rpm、最大トルク13.8kgm/2500rpm)、トランスミッションは6段デュアルクラッチを採用する。車重は1010~1030kg。主要なコンポーネンツを「スマート・フォーフォー」と共用する。日本発売は来春の予定。

(文=塩見 智/写真=塩見 智、webCG)

関連キーワード:
トゥインゴルノー東京モーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売 2018.1.10 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年1月10日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ラ・パリジェンヌ」を設定し、同年1月11日に250台の台数限定で発売すると発表した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る