東京モーターショー2015

新型ルノー・トゥインゴは2016年春発売【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
ルノーブースの主役は新型「トゥインゴ」だった。
ルノーブースの主役は新型「トゥインゴ」だった。

【東京モーターショー2015】新型「ルノー・トゥインゴ」は2016年春発売

ルノーは2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーで、新型「トゥインゴ」を日本初公開した。

ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)社長。
ルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)社長。
仏ルノーのローレンス・ヴァン・デン・アッカー デザイン担当副社長。
仏ルノーのローレンス・ヴァン・デン・アッカー デザイン担当副社長。
新型「トゥインゴ」は主要なコンポーネンツを「スマート・フォーフォー」と共用する。
新型「トゥインゴ」は主要なコンポーネンツを「スマート・フォーフォー」と共用する。
0.9リッター直3ターボをリアに搭載する。
0.9リッター直3ターボをリアに搭載する。
新型「トゥインゴ」のインテリア。
新型「トゥインゴ」のインテリア。

■0.9リッター直3ターボをリアに搭載

ブースの四隅に広がるように新型ルノー・トゥインゴを配置。すでに欧州で発売しているモデルだけあってカンファレンス前からベールに包むことなく披露していた。

冒頭、ルノー・ジャポンの大極 司社長が、日本市場における販売台数が5年連続で対前年比プラスを記録したと実績を強調。「日産とのアライアンスのおかげもあって、日本でのルノーの知名度はかなり向上した。ただ、まだどういうクルマを売っているのかというイメージまでは十分もっていただけていない。今後は新しいキャッチコピー『Passion for life』にもとづき、パッションをもったカーブランドであることをPRしていきたい」と述べた。

続いて、ルノーのデザイン担当副社長のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏がトゥインゴについて説明。自身が掲げるデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」(人と人が出会い恋に落ちる「LOVE」、ふたりが世界を旅し「EXPLORE」、家族を持ち「FAMILY」、働いて充足し「WORK」、余暇を楽しみ「PLAY」、賢さを得る「WISDOM」と人生を6つのステージに分け、それぞれに合ったクルマを提供すること)のうち、トゥインゴは「PLAY」のステージのためのクルマであると述べ、短い前後オーバーハングやキャンバストップなど、初代、2代目からのよい伝統を引き継いだほか、リアハッチガラスの角度やフェンダーの盛り上がりなどについては、1972年発売の「ルノー5」からの影響を受けたと説明した。

トゥインゴはリアエンジン・リアドライブを採用することで、コンパクトな車体のわりに広い室内(室内長2.2m)を獲得したほか、前にエンジンがないことで前輪の切れ角を大きく取り、最小回転直径8.65mを実現した。全長×全幅×全高は3620×1650~1660×1545mmで、ホイールベースは2490mm。エンジンは0.9リッター直3ターボ(最高出力90ps/5500rpm、最大トルク13.8kgm/2500rpm)、トランスミッションは6段デュアルクラッチを採用する。車重は1010~1030kg。主要なコンポーネンツを「スマート・フォーフォー」と共用する。日本発売は来春の予定。

(文=塩見 智/写真=塩見 智、webCG)

関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る