東京モーターショー2015

スバル、展示を通して「安心と愉しさ」を表現【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース

「スバル・ヴィジヴ フューチャー コンセプト」と富士重工業の吉永泰之代表取締役社長。


	「スバル・ヴィジヴ フューチャー コンセプト」と富士重工業の吉永泰之代表取締役社長。

【東京モーターショー2015】スバル、展示を通して「安心と愉しさ」を表現

2015年10月28日に開幕した東京モーターショー。初日のプレスカンファレンスの壇上に登場した富士重工業の吉永泰之代表取締役社長は、好調な最近の業績を報告するとともに、これからのスバルのあり方について語った。

第44回東京モーターショーにおけるスバルブースの様子。
第44回東京モーターショーにおけるスバルブースの様子。
北米での好調な販売状況を報告する、吉永泰之代表取締役社長。
北米での好調な販売状況を報告する、吉永泰之代表取締役社長。
スバルブースでは、今回が世界初公開となる2台のコンセプトカーのほかにも、多数の市販モデルが展示されていた。写真はタンとブラックのツートーンのインテリアを特徴とする特別仕様車「WRX S4スポルヴィータ」。
スバルブースでは、今回が世界初公開となる2台のコンセプトカーのほかにも、多数の市販モデルが展示されていた。写真はタンとブラックのツートーンのインテリアを特徴とする特別仕様車「WRX S4スポルヴィータ」。
「WRX STI」をベースに、STIが開発したコンプリートカー「WRX STI S207」。
「WRX STI」をベースに、STIが開発したコンプリートカー「WRX STI S207」。
「ヴィジヴ フューチャー コンセプト」
「ヴィジヴ フューチャー コンセプト」
「インプレッサ5ドアコンセプト」
「インプレッサ5ドアコンセプト」

■「アイサイト」をベースに自動運転システムを開発

現在のスバルは、特に北米地域で「アウトバック」や「フォレスター」といったSUVを中心に高い評価を得ている。2015年の販売も好調に推移しており、このままの勢いでいけば北米における年間販売台数が8年連続の前年比増を達成し、60万台を超える見通しだというのだ。

こうした好調の背景に、吉永氏はスバルのクルマ作りに対する姿勢があるという。
「私たちスバルは単なる移動手段の道具ではありません。お客さまひとりひとりに、もっと豊かな毎日をお届けする。ワクワクするような瞬間を、かけがいのない思い出を作る。お客さまの人生に寄り添うパートナーでありたいと考えています」
今回のスバルブースのテーマである「ニュー・スバル・ストーリー」にも、その思いが込められている。スバルと共に安心で楽しいストーリーを生み出していこうというのだ。

続いて吉永氏が紹介したのが、自動運転技術に対する取り組みであった。運転支援システム「アイサイト」の技術をベースに、追加のセンサーや地図データ、GPSを活用することで、より高度な自動運転を目指すという。プレスカンファレンスでは、自動運転で走るクルマがテストコースにおいてレーンチェンジしながら前走車を追い越す様子が動画で紹介された。そして、2017年に高速道路での渋滞時追従、2020年に高速道路での自動運転を実用化すると発表した。

また、JNCAPなどの第三者アセスメントにおいて高い評価を得ている高い衝突安全性をさらに高め、世界トップクラスの性能を堅持するために、新しいプラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム」を次期型「インプレッサ」から採用することを明言。新プラットフォームは、自動運転や電動化技術にも対応するという。

■次期型インプレッサは2016年末にデビューの予定

その後、今回の東京モーターショーが世界初公開となる2台のコンセプトカーが紹介された。
まずは、スバルの「安心と愉(たの)しさ」といったブランド価値を表現した「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ フューチャー コンセプト)」だ。このモデルには、自動運転技術をはじめ、新プラットフォームやダウンサイジングターボのボクサーエンジン、次世代ハイブリッドシステムなどが採用されており、スバルのクルマ作りのビジョンを表現したSUVとなっている。

もう一台が、次期型インプレッサのデザインスタディーである「IMPREZA 5-DOOR CONCEPT(インプレッサ5ドアコンセプト)」で、スバルの新しいデザイン思想「ダイナミック×ソリッド」が取り入れられているという。なお、次期型インプレッサの市場導入は2016年末の予定となっている。

(文=鈴木ケンイチ/写真=鈴木ケンイチ、webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。