第320回:次世代技術の体感イベント「2015 Honda Meeting」(前編)
テストコースで新型「NSX」の走りを試す

2015.10.30 エッセイ
会場に並べられた、新型「NSX」や10段ATを搭載した「レジェンド」などの試乗車。
会場に並べられた、新型「NSX」や10段ATを搭載した「レジェンド」などの試乗車。

ホンダが、開発中の次世代技術を報道関係者向けに公開するイベント「2015 Honda Meeting」を、本田技術研究所の栃木プルービンググラウンドで開催。2016年春に発売される新型「NSX」や、開発中の前輪駆動(FF)車用10段自動変速機(10段AT)、3気筒直噴ターボエンジンなどの実力を、テストコースでの試乗を通して確かめた。

新型「NSX」。日本ではホンダブランドから、アメリカではアキュラブランドからリリースされる。
新型「NSX」。日本ではホンダブランドから、アメリカではアキュラブランドからリリースされる。
新型「NSX」のインテリア。
新型「NSX」のインテリア。
センターコンソールには走行モードの切り替えダイヤルやスイッチ式のシフトセレクターなどが備わる。
センターコンソールには走行モードの切り替えダイヤルやスイッチ式のシフトセレクターなどが備わる。
新型「NSX」のシート。
新型「NSX」のシート。

人間の感性を重視して開発した新型「NSX」

今回のイベントの目玉は、2016年春にまず米国で発売する予定の新型NSXに、国内の報道関係者を初めて試乗させたことだろう。新型NSXはバンク角75度の新開発V型6気筒ツインターボエンジンを縦置きにミッドシップし、9段DCTと組み合わせる2人乗りのスポーツカーだ。エンジン直後に1基、フロント左右輪を駆動するために2基の、合計3基のモーターを備えるハイブリッド車で、フロントの駆動力を左右独立して制御することで、自在なハンドリング性能を実現する「SPORT-HYBRID SH-AWD」を構成している。この構成は、ちょうど「レジェンド」に搭載するハイブリッドシステムの前後を入れ替えたようなもので、実際、搭載位置は前後が逆になっているものの、3基のモーターはレジェンドと共有している。

エンジンの出力は500hp、モーターの出力は後輪用が47hp、前輪用が36hp×2と発表されており、これを英馬力でkW換算すると、それぞれ373kW、35kW、27kWとなる。モーターの出力はレジェンド用と同一だ。モーターとエンジンを合わせたシステム出力はこれらの単純な合計にはならないが573hp(427kW)と発表されており、この値は、競合車種と目されている「日産GT-R」の404kW、「ポルシェ911ターボS」の412kWを上回る。

また、新型NSXはモーターの応答性の高さを生かした「ゼロ・ディレイ(遅れゼロ)」の運動性能が売り物の一つで、0-60mph(96.5km/h)加速は2.7秒と、これらの競合車種を上回るという。最高速度は190マイル/h(305.7km/h)と発表されている。こうしたスペック以上にNSXの開発で重視したのが「人間中心」というコンセプトだったと開発責任者のテッド・クラウス氏は強調した。先代NSXの特徴だった、「高性能を誰にでも扱いやすくする」というコンセプトを継承し、競合するスーパーカーを凌駕(りょうが)する性能を達成しつつ、それを特別な技量を持つドライバーでなくても発揮できることを目指したという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ