東京モーターショー2015

新型MINIコンバーチブル、東京で世界初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.30 自動車ニュース
東京モーターショーのMINIブースに展示された2台の「MINIコンバーチブル」。
東京モーターショーのMINIブースに展示された2台の「MINIコンバーチブル」。

【東京モーターショー2015】新型「MINIコンバーチブル」、東京で世界初公開

2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショー。MINIのブースでは、オープンモデル「MINIコンバーチブル」の新型が世界初公開された。

ほろを閉じた状態の「MINIコンバーチブル」。ルーフの開閉動作は18秒以内で完了できるという。


	ほろを閉じた状態の「MINIコンバーチブル」。ルーフの開閉動作は18秒以内で完了できるという。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
 
新型MINIコンバーチブル、東京で世界初公開【東京モーターショー2015】の画像
会場には、2015年9月に日本で初披露された「MINIクラブマン」も並べられた。正式な発売日は、2015年11月7日。
会場には、2015年9月に日本で初披露された「MINIクラブマン」も並べられた。正式な発売日は、2015年11月7日。

■主役は個性の異なる2モデル

BMWは今回、新型「MINIクラブマン」と、ワールドプレミアとなる新型MINIコンバーチブルを、東京モーターショーの会場に持ち込んだ。
2台の発表に先立って、BMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長が「日本は世界で10本の指に入るMINIの市場であり、ここで2台のニューモデルを披露するのは日本のMINIファンへの敬意と感謝を表すものです」などとあいさつした。

モデル紹介のプレゼンテーションを行ったのは、MINIのセールス&マーケティング本部長セバスチャン・マッケンゼン氏。氏は2台のニューモデルについて、次のように述べた。
「MINIはトレンドセッターであり、未来を感じさせるモデルを提案するブランドです。われわれのブランドをひとことで言い表せば、透明で明るく、滑らかなイメージということになるでしょうか。ここに紹介する2モデルも、そうしたイメージを具現するものです」

マッケンゼン氏は、「MINIコンバーチブルは高級コンパクトカーにおける初めての、そして唯一のオープンモデルである」と強調し、「雨が降ったらどうしようというオープンカー乗りの共通の悩みを、雨を予想する『MINI Connected』が解決します」と胸を張った。
オプションの「MINI Yours」ではユニオンジャック柄のほろが選べるなど、バリエーションの豊富さもさすがにMINIというべきか。このほろは30km/hまでの速度であれば18秒以内で開閉が可能だ。

続くMINIクラブマンは、「4枚のドアと、リアゲートの特徴的なスプリットドア、そして5名が座れるシートを備えたモデルです」と紹介された。急速に拡大しつつある高級コンパクトカー市場を見据えたモデルであり、特に長距離のドライブを望むMINIファンにうってつけであるとのことだ。

マッケンゼン氏は最後に、「本年1月から9月末までの全世界での販売台数は、24万5000台を数えました。これは前年同期比で+18%という素晴らしい数字です」と述べ、MINIが世界的に好調であることをアピールした。

(文=サトータケシ/写真=webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る