東京モーターショー2015

新型MINIコンバーチブル、東京で世界初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.30 自動車ニュース
東京モーターショーのMINIブースに展示された2台の「MINIコンバーチブル」。
東京モーターショーのMINIブースに展示された2台の「MINIコンバーチブル」。

【東京モーターショー2015】新型「MINIコンバーチブル」、東京で世界初公開

2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショー。MINIのブースでは、オープンモデル「MINIコンバーチブル」の新型が世界初公開された。

ほろを閉じた状態の「MINIコンバーチブル」。ルーフの開閉動作は18秒以内で完了できるという。


	ほろを閉じた状態の「MINIコンバーチブル」。ルーフの開閉動作は18秒以内で完了できるという。
インテリアの様子。
インテリアの様子。
 
新型MINIコンバーチブル、東京で世界初公開【東京モーターショー2015】の画像
会場には、2015年9月に日本で初披露された「MINIクラブマン」も並べられた。正式な発売日は、2015年11月7日。
会場には、2015年9月に日本で初披露された「MINIクラブマン」も並べられた。正式な発売日は、2015年11月7日。

■主役は個性の異なる2モデル

BMWは今回、新型「MINIクラブマン」と、ワールドプレミアとなる新型MINIコンバーチブルを、東京モーターショーの会場に持ち込んだ。
2台の発表に先立って、BMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長が「日本は世界で10本の指に入るMINIの市場であり、ここで2台のニューモデルを披露するのは日本のMINIファンへの敬意と感謝を表すものです」などとあいさつした。

モデル紹介のプレゼンテーションを行ったのは、MINIのセールス&マーケティング本部長セバスチャン・マッケンゼン氏。氏は2台のニューモデルについて、次のように述べた。
「MINIはトレンドセッターであり、未来を感じさせるモデルを提案するブランドです。われわれのブランドをひとことで言い表せば、透明で明るく、滑らかなイメージということになるでしょうか。ここに紹介する2モデルも、そうしたイメージを具現するものです」

マッケンゼン氏は、「MINIコンバーチブルは高級コンパクトカーにおける初めての、そして唯一のオープンモデルである」と強調し、「雨が降ったらどうしようというオープンカー乗りの共通の悩みを、雨を予想する『MINI Connected』が解決します」と胸を張った。
オプションの「MINI Yours」ではユニオンジャック柄のほろが選べるなど、バリエーションの豊富さもさすがにMINIというべきか。このほろは30km/hまでの速度であれば18秒以内で開閉が可能だ。

続くMINIクラブマンは、「4枚のドアと、リアゲートの特徴的なスプリットドア、そして5名が座れるシートを備えたモデルです」と紹介された。急速に拡大しつつある高級コンパクトカー市場を見据えたモデルであり、特に長距離のドライブを望むMINIファンにうってつけであるとのことだ。

マッケンゼン氏は最後に、「本年1月から9月末までの全世界での販売台数は、24万5000台を数えました。これは前年同期比で+18%という素晴らしい数字です」と述べ、MINIが世界的に好調であることをアピールした。

(文=サトータケシ/写真=webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • MINIクーパー・コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.7 試乗記 MINIクーパー・コンバーチブル(FF/6AT)
    ……420万2000円

    外観からは大きな変化がないように思える新型「MINIコンバーチブル」。けれども、見えないところが、先代から確実に進化しているのだった。
ホームへ戻る