メルセデス、「Vクラス」の特別仕様車を発売

2011.11.21 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、「V350アバンギャルド エディション125」を限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2011年11月21日、「メルセデス・ベンツVクラス」の特別仕様車「V350 AVANTGARDE EDITION (アバンギャルド エディション)125」を、全国50台限定で発売した。

今回の特別仕様車「V350アバンギャルド エディション125」は、Vクラスの上級グレード「V350アンビエンテ」をベースに、数々の専用装備を施した限定モデルだ。

エクステリアは、専用デザインのクロームストリップ付きバンパー一体型フロントスポイラーや19インチ16スポークアルミホイール&ワイドタイヤ、スポーツサスペンションなどを装着。通常の7座シートに代えて6座独立シートを採用するインテリアは、ベージュ/ブラックのツートンカラーを基調とし、レザーDINAMICAシート(レザー調/スエード調素材)とブラックウォールナット調インテリアトリムが組み合わされる。さらに特別装備として、デュアルガラス・スライディングルーフ、HDDナビゲーションシステム、ユーティリティパッケージを採用する。

特別装備の内容

<エクステリア>
・専用クロームストリップ付バンパー一体型フロントスポイラー
・専用19インチ16スポークアルミホイール&ワイドタイヤ
・専用テールゲートクロームトリム
・専用ハイグロスクロームドアミラーカバー
・専用サイドスカート
・専用サイドエンブレム「AVANTGARDE」
・専用サイドロゴ「EDITION 125」
・デュアルガラス・スライディングルーフ(挟み込み防止機能付)
・スポーツサスペンション

<インテリア>
・ 6座独立シート(3列目左右独立シート)
・ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)
・HDDナビゲーションシステム
・ユーティリティパッケージ【収納式センターテーブル(スライド・取外し可能)、アンダーシートセーフティボックス(専用キーロック付)、ラゲッジネット】

ステアリング位置は右のみで、価格は695万円(ベース車+78万円)。

(webCG)

「V350アバンギャルド エディション125」
「V350アバンギャルド エディション125」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場 2016.6.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Vクラス」に一部改良を実施。排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液のタンクを拡大することで、約2万kmの距離を補充なしで走ることが可能となった。同時にスポーティーな内外装が特徴の新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加した。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
ホームへ戻る