東京モーターショー2015

レクサスがセダンコンセプト、LF-FCを公開【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
ステージ下手に置かれたボックスから自走して登場した「レクサスLF-FC」。
ステージ下手に置かれたボックスから自走して登場した「レクサスLF-FC」。

【東京モーターショー2015】レクサスが大型セダンコンセプト「LF-FC」を公開

トヨタ自動車は第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)で、レクサスブランドの次世代フラッグシップモデルをイメージしたコンセプトカー「LF-FC」を公開した。

「LF-FC」を披露した福市得雄レクサスインターナショナル プレジデント。後方左はマーク・テンプリン エグゼクティブ・バイスプレジデント、右は山本 卓エグゼクティブ・バイスプレジデント。
「LF-FC」を披露した福市得雄レクサスインターナショナル プレジデント。後方左はマーク・テンプリン エグゼクティブ・バイスプレジデント、右は山本 卓エグゼクティブ・バイスプレジデント。
「レクサスLF-FC」
「レクサスLF-FC」
「レクサスLF-FC」
「レクサスLF-FC」
「レクサスGS F」
「レクサスGS F」
「レクサスRX450h」
「レクサスRX450h」

■全長5.3m、燃料電池搭載の4WDサルーン

今年、日本導入10周年を迎えたレクサス。2012年のフルモデルチェンジでスピンドルグリルを採用した「GS」からNew Chapterへと踏み出し、「驚き」と「感動」をキーワードにエモーショナルなクルマづくりを加速させてきたが、今回、次世代フラッグシップモデルをイメージしたコンセプトカーを世界初公開した。

プレスカンファレンスに登壇した、福市得雄レクサスインターナショナル プレジデントの「前置きはさておき、まずはご覧ください!」という言葉に続いて、ステージに現れたモデルの名は「LF-FC」。圧倒的な存在感のあるデザインに数々の先進技術を搭載し、車名のとおり来るべき水素社会を見据えた、レクサス初となる燃料電池車(FCV)である。

レクサス独自のデザインフィロソフィーである「L-finesse」に基づき、ダイナミックかつ洗練された美を追究したとうたう4ドアセダン・ボディーは、全長5300mm、全幅2000mm、全高1410mmという堂々たるサイズ。パワートレインは高出力のFCスタックとパワーコントロールユニットを搭載、メイン駆動は後輪だが、前輪にインホイールモーターを備え、四輪駆動となっている。

さらに自動運転技術や、タッチパネルに触れることなくジャスチャー入力が可能な操作システムなどの次世代マンマシンインターフェイスを搭載、安全で快適なドライビングをサポートするという。

独自のデザイン、エモーショナルな走り、そして先進の安全・環境技術を3本柱に商品開発を進めてきたレクサス。なかでもハイブリッド車を積極的に投入することで、エココンシャスな高級車というイメージを築いてきたが、究極のエコカーといわれる燃料電池車、LF-FCの発表は、そのレクサスの次なる章の方向性を示唆するものといえるだろう。

このほかレクサスブースでは、マイナーチェンジされたGS、および新たなスポーツセダンである「GS F」(いずれも2015年内発売予定)、新型「RX」(近日発売予定)などがお披露目されている。

(文と写真=沼田 亨)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。