スズキ・エスクード(4WD/6AT)

実力は本物 2015.11.03 試乗記 生産国もクルマの構造も、なにもかもが従来モデルから一新された新型「エスクード」。ハンガリーから輸入される、FFベースのコンパクトSUVの実力を試す。

エスクードよ、お前もか!

今や「クルマ世界遺産」のひとつに数えてもいいほどの存在となった「ジムニー」を擁するスズキ。同社が、それこそジムニーのように小柄なモデルと、大型クロカンばかりが幅を利かせていた四駆マーケットに1988年に投入したのが初代エスクードである。発売当初は3ドアとコンパーチブルのみだったが、1990年9月に5ドアモデル「ノマド」を追加。「遊牧民(ノマド)という名のクルマです」というキャッチコピーとともに販売を加速させ、一時代を築いたのである。

その後、他社からもこのクラスのモデルが続々と登場することになるのだが、そんな中でエスクードが譲らなかったのが、強固なラダーフレームと副変速機の採用による、本格的なオフロード走行も楽々とこなす走破性能だろう。

しかし、時代は変わった。ご存じの通り、現在は世界的なSUVブーム。本格的なオフロード性能以上に重視されるのが、オンロードにおける快適性である。

エスクードはこれまでも「ビターラ」の車名で欧州で販売されていたし、提携時代にはゼネラルモーターズにOEM供給され、同社のチャンネルで販売されていたこともあった。初代のころから世界戦略車だったのだ。同時に、3代目まではオンロードでの快適性を向上させつつも、やっぱりオフロードにおける高い走破性がセリングポイントのクルマだったはずだ。

そんなこともあって、新型を見た瞬間に脳裏をよぎったのは、「エスクードよ、お前もか!」という言葉だった。かのシェイクスピアの歌劇でジュリアス・シーザーが放った「ブルータスよ、お前もか!」とオーバーラップしてしまうほど驚いたのだ。いささか大げさと捉えられるかもしれないが、それは4代目がこれまでのラダーフレームを廃止してモノコックボディーをまとっていたからである。

4代目となる新型「エスクード」のインストゥルメントパネルまわり。4WD車ではダッシュボードの助手席側に「ALLGRIP」のバッジが装着される。
4代目となる新型「エスクード」のインストゥルメントパネルまわり。4WD車ではダッシュボードの助手席側に「ALLGRIP」のバッジが装着される。
マルチインフォメーションディスプレイ付きの2眼メーター。自発光式で、照明の明るさは7段階で調整できる。
マルチインフォメーションディスプレイ付きの2眼メーター。自発光式で、照明の明るさは7段階で調整できる。
ダッシュボードの中央部には、エアコンの吹き出し口と並んでアナログ式の時計が装備される。
ダッシュボードの中央部には、エアコンの吹き出し口と並んでアナログ式の時計が装備される。
新型「エスクード」は、エンジン横置きのFFベースのプラットフォームを採用している。
新型「エスクード」は、エンジン横置きのFFベースのプラットフォームを採用している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る