【スペック】全長×全幅×全高=4895×1895×1370mm/ホイールベース=2855mm/車重=1910kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブツインターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)/価格=1235万円(テスト車=1465万2000円)

BMW 650iクーペ(FR/8AT)【試乗記】

やさしい目をした馬みたい 2011.11.21 試乗記 BMW 650iクーペ(FR/8AT)
……1465万2000円

オープンバージョンに続いて日本上陸を果たした、クローズドボディーの新型「BMW 6シリーズ」。ハイパワーな上級グレード「650iクーペ」で、その走りを試した。

クルマと家電はどこが違う?

「わかる人だけがわかればいい」とクールに突き放した先代から一転、新しい「BMW 6シリーズクーペ」はだれが見てもカッコいいと思えるデザインになった。とがったモード方向ではなくエレガントなセンを狙った、ラグジュアリークーペの王道だ。
正統派のスーツと同じで、完成された美しさがあるから古臭いとは思わない。けれども、「誰も見たことのない形をデザインしてやる!」というギラギラした野心が薄れちゃったのは個人的には残念だ。

試乗したのは、407psの4.4リッターV型8気筒ツインターボエンジン搭載の「BMW 650iクーペ」。ほかに3リッター直列6気筒エンジン搭載モデルもラインナップするのは、クーペに先行して登場した「6シリーズカブリオレ」と同じだ。

デザインがやや丸くなったのは残念だけど、運転した感覚がまろやかになったのは新鮮だった。「BMW 650iクーペ」をドライブしながら、以前、“ミスターK”こと片山豊さんにうかがったお話を思い出す。ご存じの方も多いだろうけれど、片山さんは、アメリカ日産の社長として1960年代後半に「フェアレディZ」の開発で陣頭指揮を執った方だ。
片山さんは、「クルマと家電の違い」というテーマでこんなお話をしてくださった。

「人類は長い間、馬と生活をともにしてきました。馬と移動することで、見たことのない景色や、新しい友人と出会うことができたのです」。
「ただし、馬はただの移動の道具ではありません。同じ屋根の下で暮らすという意味では家族ですし、一緒に敵と戦う時は相棒でもあります。そしてお腹が減ると蹄(ひづめ)をカンカンと鳴らして合図を送り、体を洗うと気持ちよさそうに寄り添ってきます。言葉は通じないけれど、そこにはコミュニケーションがあるのです」。
「クルマというのは、こうした馬に取って代わる存在です。便利ならばそれでいいという家電と違うのは、当然だと思いませんか?」

優雅な弧を描いて後方へ流れるルーフラインの美しさが際立つアングル。デザインのテーマは「水」。優雅に滑らかに流れる水からインスピレーションを得た造形だという。
優雅な弧を描いて後方へ流れるルーフラインの美しさが際立つアングル。デザインのテーマは「水」。優雅に滑らかに流れる水からインスピレーションを得た造形だという。
燃料の量を精密にコントロールして噴射する直噴システムと、小型のターボチャージャー2基との組み合わせで、高効率とハイパワーの両立を図ったという4.4リッターV8ユニット。3リッター直6の「640i」が320psであるのに対して、こちらは407psを発生する。0-100km/hの加速タイムは欧州仕様車で4.9秒。「ECO PRO」モードやアイドリングストップ機能も備わって、燃費は10・15モード、JC08モードともに8.1km/リッターを記録する。
燃料の量を精密にコントロールして噴射する直噴システムと、小型のターボチャージャー2基との組み合わせで、高効率とハイパワーの両立を図ったという4.4リッターV8ユニット。3リッター直6の「640i」が320psであるのに対して、こちらは407psを発生する。0-100km/hの加速タイムは欧州仕様車で4.9秒。「ECO PRO」モードやアイドリングストップ機能も備わって、燃費は10・15モード、JC08モードともに8.1km/リッターを記録する。
試乗車は「M Sportパッケージ」装着車。スポーツシートやアルカンターラとナッパレザーを組み合わせたインテリアは、このオプションに含まれる。
試乗車は「M Sportパッケージ」装着車。スポーツシートやアルカンターラとナッパレザーを組み合わせたインテリアは、このオプションに含まれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

6シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る