第131回:“論より証拠”の冬用タイヤ 〜ブリヂストンのスタッドレスタイヤ勉強会から

2011.11.21 エッセイ

第131回:“論より証拠”の冬用タイヤ〜ブリヂストンのスタッドレスタイヤ勉強会から

本格的な雪道シーズンの到来を前に、タイヤメーカー大手のブリヂストンが、スタッドレスタイヤの勉強会を開催。そこでわかった、冬タイヤに関する事実とは……?

勉強会は体験会

「冬タイヤの勉強会」を開催するにあたって、ブリヂストンが選んだ場所は、スケートリンクだった。そこに用意されたアイテムは、「かんじき」「3輪自転車」「特製ソリ」の三品(!)。さて、これで一体何をしようというのか?

ブリヂストンが催した「スタッドレスタイヤの勉強会」は、スタッドレスタイヤの最新技術を紹介するだけでなく、「そもそも夏タイヤとスタッドレスタイヤとでは、氷上性能にどのくらいの違いがあるのか?」という基礎知識を紹介するユニークなイベントだった。
一見したところシンプルなテーマだが、前述した三品の“ブリヂストン特製スタッドレスタイヤ体感小道具”のおかげもあって、“発見”といいたくなるくらいの興味深い体験ができた。以下、当日の模様を順に説明していこう。

最初に試したのは、かんじき。ご存じのとおり、深く降り積もった新雪でも足を取られることなく歩けるように工夫された日本古来の道具だが、ブリヂストンはこの靴底に相当する部分にタイヤのトレッドゴムを貼り付けた。しかも、片足はスタッドレスタイヤ、反対の足には夏タイヤのトレッドを装着してある。これを履いてリンク上で履き、右足と左足を交互に動かしてみると、どうなるのか……?

足にあまり体重を乗せずに動かすと、どちらも氷の上をツルツルと滑る。けれども、グンと踏ん張って足を動かそうとすると、スタッドレスタイヤ側はしっかりと氷を捉えて足が動かなくなるのに対し、夏タイヤ側はやっぱりツルツルと滑ってしまう。これをクルマに置き換えると、「どんなに立派なスタッドレスタイヤでも、しっかりタイヤに荷重をかけなければ本来のグリップ力を発揮できない」という結論が導き出されるのだ。


第131回:“論より証拠”の冬用タイヤ 〜ブリヂストンのスタッドレスタイヤ勉強会からの画像
氷上で3輪自転車のペダルをまじめに漕ぐ、ブリヂストンのスタッフ。全てのミスマッチがほほえましい。
氷上で3輪自転車のペダルをまじめに漕ぐ、ブリヂストンのスタッフ。全てのミスマッチがほほえましい。
タイヤのトレッドゴムを貼り付けた特製かんじき。向かって右側がスタッドレス、左が夏タイヤ。
タイヤのトレッドゴムを貼り付けた特製かんじき。向かって右側がスタッドレス、左が夏タイヤ。
氷上で恐る恐る特製かんじきを試す筆者。ヘルメットに頭が入っていないのはご愛嬌(あいきょう)。
氷上で恐る恐る特製かんじきを試す筆者。ヘルメットに頭が入っていないのはご愛嬌(あいきょう)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ