東京モーターショー2015

DSブースは5台の展示車すべてが日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.30 自動車ニュース
ブースを飾る「DS」のエンブレム。
ブースを飾る「DS」のエンブレム。

【東京モーターショー2015】DSブースは5台の展示車すべてが日本初公開

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーに、DSブランドのブースを出展。今回が日本初公開となる5台のモデルを発表した。

第44回東京モーターショーにおける、DSブランドのブースの様子。
第44回東京モーターショーにおける、DSブランドのブースの様子。
DSオートモビルズCEOのイヴ・ボネフォン氏。
DSオートモビルズCEOのイヴ・ボネフォン氏。
「DS 5エディション1955」
「DS 5エディション1955」
「DS 4」
「DS 4」
「DS 4クロスバック」
「DS 4クロスバック」
「DS 3」と「DS 3カブリオ」の特別限定車「ソー・パリジェンヌ」。
「DS 3」と「DS 3カブリオ」の特別限定車「ソー・パリジェンヌ」。
「So Parisienne」のロゴ。
「So Parisienne」のロゴ。

■元祖「DS」の誕生60周年を祝う限定モデルが登場

PSAグループは2014年4月、2010年に「DS 3」がデビューして以来、「DS 4」「DS 5」とラインナップを増やしてきた“DSライン”を、独立したブランドとすることを表明した。今回は、それから初めて開催される東京モーターショーとなる。つまりDSは、独立ブランドとして初めてこのショーでブースを構えることになった。

黒を基調としたその空間は、スケルトン素材を活用するなどして、パリ発祥のプレミアムブランドにふさわしい妖艶な雰囲気を醸し出している。出展車両は5台。2年前の第43回東京モーターショーは「DS 3カブリオ」1台だけ、シトロエンとDSを合わせても3台だった。

プレゼンテーションを行ったDSオートモビルズCEOのイヴ・ボネフォン氏は、世界で58万台販売されたという実績が、プレミアムブランドとしての独立につながったと説明。「“クラシックDS”が持っていたアバンギャルドの精神を継承することを目指す」と語った。

今回展示された5台はすべて今回が日本初公開となる。このうちのDS 5エディション1955は、「DSフロントグリル」と「DS LEDビジョン」と呼ばれるヘッドランプからなる、新しいフロントマスクを備えた新型DS 5がベースで、1955年にクラシックDSが誕生してから60周年となることを記念した30台の特別限定車だ。
フロントドアとリアには60周年記念ロゴが配され、ボディーカラーには1955年のDSに設定されていた色を再現した「ブルーアンクル」を採用。ホイールのセンターキャップはゴールドになる。1.6リッター直列4気筒ターボエンジンと6段ATを組み合わせたパワートレインは従来通りだ。なお、DS 3、DS 4にも同じコンセプトの特別限定車が設定され、それぞれ5台、10台の台数限定で販売される。

このほど改良を受けたDS 4も、このDS 5エディション1955と同様のフロントマスクを持つ。これをベースとしたクロスバックは、2015年9月のフランクフルトショーで発表されたばかりのクロスオーバーモデルで、アイポイントを30mm上げ、大径ブラックのホイールとドアミラー、ホイールアーチフレアを装着している。
こちらも、パワートレインはDS 5と同じ1.6リッターターボ+6段ATで、来年日本に導入される予定だ。

このほかの2台の出展車、DS 3とDS 3カブリオもDS 5と同じ特別限定車で、こちらは「So Parisienne(ソー・パリジェンヌ)」と名付けられている。両モデルを含めたDS 3は、パワートレインを一新したことが特徴で、これまでの1.2リッター直列3気筒エンジンにターボを装着し、トランスミッションはシングルクラッチ式の5段2ペダルMTから、トルコン式の6段ATに切り替わっている。

大幅な改良を受けたDS 3とDS 3カブリオは、2015年11月7日に発売される。

(文=森口将之/写真=森口将之、webCG)
 

関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
ホームへ戻る