東京モーターショー2015

高山自動車はミニカー規格のEV 3台を発表【東京モーターショー2015】

2015.10.31 自動車ニュース
第44回東京モーターショーでの高山自動車のブースの様子。

【東京モーターショー2015】高山自動車はミニカー規格のEV 3台を発表

高山自動車は、2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーに3台のマイクロEV(電気自動車)を出展した。

高山自動車代表取締役の高山英一氏。
「JT105型」

■ボディーのオーダーメイドにも対応

今回のモーターショーで、高山自動車は「JTシリーズ」の3車種を発表。いずれも青ナンバーのミニカーであり、乗車人員は1人で法定速度は60km/hとなる。大きさが制限されるが、代表取締役の高山英一氏は「小さくデフォルメした結果そこに新鮮さやスタイリッシュ感が生まれる」として、その小ささが逆に魅力となっていると話した。

3つのモデルはすべてEVで、環境にも優しいという。「JT105型」はピックアップトラックタイプで、「JT1010型」はキッチンカー仕様。「JT1009-01型企画」はシャシーのみの展示で、外観はオーダーに応じて製作する。高山自動車は「ライフスタイルと呼吸(いき)の合うマイクロEV」をテーマに車種拡充を図っていくという。

(文=鈴木真人/写真=webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。